北川景子も驚愕!? DAIGOに飛び交う自民党から衆議院選出馬の怪情報

デイリーニュースオンライン / 2015年10月20日 12時30分

写真

 北川景子(29)との結婚報道が過熱するDAIGO(37)だが、ここへきてちょっと生臭い話が飛び交っている。DAIGOのもとへ、衆議院選への「出馬要請」が舞い込んでいるという真偽不明の噂である。これについて、全国紙の政治部記者は次のように語る。

「自民党からDAIGOさんへ出馬の打診があったとかって話ですか。まあ、あの竹下登元首相の孫ですから、一見、信ぴょう性がある話のように思えますが、どうなんでしょうか。もし、それが事実なら、国民を舐めるのもいい加減にしろってことになると思いますが(笑)」

 このように専門分野の記者には「お笑いネタ」と受け止められているようだが、芸能メディアは違う。“DAIGO出馬説”を恰好のネタと捉え、煽りに煽っているように見える。10月20日発売の週刊女性(主婦と生活社)の記事などその典型だ。

竹下一族の議席を絶やしたくない?

 記事では、事情を知る芸能プロ関係者の証言として、次のようなコメントを掲載。

「DAIGOさんは北川さんと入籍後、次の衆議院選挙に出馬するよう、自民党筋からの打診を受けているそうなんです」

 記事にはさらにこんな話も。DAIGOの祖父である竹下登元首相の地盤だった島根県の選挙区を引き継いだ、元首相の異母弟にあたる前・復興大臣の竹下亘衆議院議員は今年で69歳になり、そろそろ政界引退を考えているのだという。そこで、竹下一族の議席を絶やしたくない自民党関係者が、DAIGOに政界転身のオファーをしたというのである。

 前出の全国紙記者はいう。

「“元首相の孫”というと、何も知らない今の若い人はブランドのように思うかもしれませんが、竹下登元首相がそれほど素晴らしい政治家だったのか? 竹下政権時代を知る世代の人間なら、マイナスの印象のほうが強いはずです。リクルート疑惑も囁かれた、旧体制の権化、悪の実力者。竹下元首相には、こうした悪いイメージがつきまとうのも事実。そこをスル―して、安易に噂を煽るのは正直いただけないですね」

 しかし、有権者が知名度の高いタレントに弱いことは、戦後の選挙史を見れば一目瞭然だろう。安倍政権の愚かな「起死回生」の一手とならないことを願うばかりだ。

(文/小林靖樹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング