松田聖子は日給1千万円…ディナーショーが稼げるワケ

デイリーニュースオンライン / 2015年11月17日 12時30分

写真

 今年もやってきた、ディナーショーの季節。その中でも、数年間に渡って売り上げナンバー1を誇るのが、松田聖子(53)だ。彼女はディナーショーを1993年から22年間に渡って開いており、ファンにとってはおなじみのイベント。年を越すために、松田聖子のディナーショーを見なければという人がいるくらいだ。

 11月17日発売の「女性自身」(光文社)では、彼女のディナーショーの売り上げを計算。彼女のディナーショーは、計11カ所16日間、全24回の開催。チケットの値段は、開催場所によって異なり、4万2000円から4万9500円まで。1会場500人は入る場所ばかりなので、計算すると、5億5000万円に達するという。ホテル、プロモーター、聖子の事務所でその金額を分割すれば、16日で1億8000万円を稼ぎ、日給1千万円以上となる。

ある世代にとって松田聖子は特別な存在

 驚くべき金額を年末だけで荒稼ぎする聖子だが、昨年東京・自由が丘にオープンした松田聖子オフィシャルショップ「フェリシアクラブ」は、いまは閑古鳥が鳴いている状態。ディナーショーは大人気なのだが、オフィシャルショップはガラガラという事態に陥っている。だが、そういった人気と、ディナーショーはまったく別だと、プロモーター関係者が語ってくれた。

「ディナーショーのチケットは5万円近く、普通に考えたら高額です。しかもショーの時間は例年70分ほどと短い。さらに、聖子はテーブルをまわって握手などのサービスはめったになく、遠いテーブルについてしまったら、オペラグラスがいるような状態です」

 松田聖子ディナーショーは、他の人のショーのサービス水準に比べると低く思える。だが、それでも満足度は高いという。

「聖子世代の人たちにとって、“松田聖子”という存在は特別です。年に一度、おしゃれをしてディナーショーへ出かけ、同じ空間で生の聖子を見て生歌を聴く。その時間が、まさに特別な時間。サービスなどなくても、ファンにとっては至福のときになるんです。それに聖子世代の人たちはセミリタイヤした人も多く、お金は気にしていませんから、費用対効果が悪いなんて不満はまずでません」(同関係者談)

 特別なことをしないディナーショーではあるが、人気の理由は、松田聖子の存在自体が特別だから、ということだろうか。また、聖子のディナーショーは主催会場を提供するホテルからも評判が高いらしい。

「開催するホテルとしては、彼女がディナーショーをするということで箔がつきます。開催時間も2時間程度と負担も少なく、確実に利益が出る。いいこと尽くめですから、ホテル側もいい会場を積極的に用意します」(前出・関係者)

 ディナーショーの女王と呼ばれ、盛大なショーが行われているようなイメージがあるものの、実は特別なことはないショー。だが、ファンにとっては、それでいいのだ。なぜなら、彼女の存在自体が特別なのだから。そこに聖子がいる。ただそれだけで、彼女のディナーショーは成立する。

(文/タナカアツシ)

デイリーニュースオンライン

トピックスRSS

ランキング