田中聖逮捕の陰でひっそり釈明?NEWS手越祐也に大ブーイング

デイリーニュースオンライン / 2017年6月4日 11時45分

写真

 先月29日、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されていた、元・KAT-TUNの田中聖容疑者(31)が、尿検査によって大麻の陽性反応が出たことが判明した。田中容疑者は先月24日、渋谷区の路上に停めていた車内から、乾燥大麻を所持していたことから現行犯逮捕とされた。

 この逮捕を受け、先月25日には田中容疑者の現所属事務所は田中容疑者及び所属していたバンド・INKTの活動を停止を発表、今月2日には、同バンドの公式ホームページにて中止となったツアー公演のチケット払い戻しを伝えた。INKTは全国ライブツアー中であったため、残りの公演やイベントがキャンセルとなり、その数は40カ所以上と言われている。会場費の払い戻し、補償費用なども考慮すると、事務所には数千万円に及ぶ莫大な損害が発生することが考えられる。また、今回の一連の報道はKAT-TUN現メンバー3人にとってもダメージは少なくない。

「現在KAT-TUNは充電期間として、活動を休止している状態。こうした状況の中での今回の事件で、活動再開はさらに延長されるのではという不安が広がっています。田中容疑者に“元KAT-TUN”のという肩書がある限り、どうしても同じようなイメージが現メンバーにも及んでしまう。また、すでに脱退した田口淳之介(31)や赤西仁(32)までも元KAT-TUNという肩書きを持っている。もし彼らに再び何かが起きれば活動再開の可能性がなくなってしまう。関係者やファンには大きな禍根を残す事件となりました」(芸能記者)

 KAT-TUNの現メンバーである亀梨和也(31)と中丸雄一(33)の二人はそれぞれコメントを発表した。二人とも脱退した田中容疑者とは連絡をとっていないことをコメントしており、遺憾の意や後悔の気持ちについて語っている。ジャニーズタレントの中では事件を起こした元メンバーについて、現メンバーがコメントをする機会はこれまでなかったため、今回の二人の対応は異例でもある。こうしたジャニーズの異例の対応が事件の大きさをを物語っている。

■絶妙なタイミングで釈明したNEWS手越に批判殺到

 そんな田中聖容疑者の逮捕で騒然とする中、金塊強奪犯との同席写真がネット上に流出したNEWSの手越祐也(29)が、ツアー公演にて事情説明と謝罪を行った。ライブの最中のMCでは、プライベートのLINEアカウント画面が流出した件についても触れ、謝罪の念を述べた。

「しかし、手越の親や家族を引き合いに出したり無料のチケットは一枚もないといったコメントに対し、『友達へのコネチケの話からズレてる』『お金じゃなくてコネを使うなっていう話なんだけど』『論点が違うしこれは反省してない』などとさらに批判を浴びている。また、田中聖容疑者逮捕の話題で持ちきりだったタイミングでの謝罪だったため、無理やり自分への疑念を終わらせようとする態度にも不満の声が噴出しています」(前出・記者)

 立て続けに浮上した二つの疑惑に対して正々堂々と釈明を行った手越だったが、その絶妙なタイミングのせいで、いらぬ物議を招いてしまう結果に。一部では、「田中聖逮捕で火消しを狙った」などの報じられ方をしているがその真相は果たして……。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)
※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。

デイリーニュースオンライン

トピックスRSS

ランキング