1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 芸能
  4. 芸能総合

元SMAPにあの佐野研二郎氏も合流か?早くもロゴデザインに疑惑の声が噴出

デイリーニュースオンライン / 2017年10月18日 21時24分

写真

 元SMAPの稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の3人が10月16日、公式ファンサイト「新しい地図」が更新され、新たな動画の公開と、“重大発表”として新作映画『クソ野郎と美しき世界』も製作予定にあることを明かした。だが、さらにファンたちの目を引いたのは、公開された新聞広告&動画のスタッフクレジットの中に、ある人物の名前があったことだった。

「『新しい地図』のアートディレクションは、あの2020年の東京五輪・パラリンピックの公式エンブレムの盗用疑惑で糾弾された、佐野研二郎(45)氏でした。佐野は2014年にSMAP全員がスキンヘッド姿で話題になった『武器はテレビ。SMAP×FNS 27時間テレビ』(フジテレビ)のポスターを手掛けた縁で社長の飯島三智(59)と繋がったと言われています」(週刊誌記者)

 佐野氏がパクリ疑惑で謝罪してまだ2年、『新しい地図』のイメージダウンに繋がりかねない。この状況で、なぜ佐野氏なのか。

「佐野氏はあの騒動後も、依頼が引っ切りなしの売れっ子だったようで、16年にも宇多田ヒカルが出演したサントリー『南アルプス天然水』のCMを手掛けています。じつは、彼の”パクリ疑惑”がやり玉にあがったトートバックもサントリー。大手クライアントが『問題なし』の判断をしたことで、その後も業界的には”お咎めなし”の判断が下りました」

 佐野が「新しい地図」に関わることにSNS上でもファンたちの反応は様々だ。「よくぬけぬけと出てこれたな」「パクリイメージが付くから参加しないで」などと批判が多いが、なかには「ジャニーズへの”反撃”の狼煙に、佐野のリベンジがかぶる」とする声もあった。

 しかし、ファンが懸念するのは今回も「パクリ」があるのではないかという疑念。これに「すでにパクリ問題が起きている」と指摘するのは、ある広告代理店関係者だ。

「『新しい地図』はファンが指摘するように「NEW(S) MAP」のダブルミーニングです。ところがロゴデザインに使用されている方位マークに使われる「N」「E」「W」「S」の文字は、ジャニーズの後輩グループNEWSで使用しているコンセプトの丸パクリとも言われている。こうしたロゴデザインが佐野によるアートワークだとすれば、またパクリ騒動になるのではと不安が広がってます」

 たしかにNEWSのグループ名は『新しい情報』という意味のほか、North、East、West、Southの頭文字をつなげており、国際的な活躍をしていくよう期待が込められて命名されている。「新しい地図」では意味こそ明記されていないが、ロゴにこれらの文字が同様に使われている。佐野氏が関わったと聞いた後ではまた「騒動」に繋がらないことを祈りたい。

文・麻布市兵衛(あざぶ・いちべい)
※1972年大阪府出身。映像作家、劇団座付き作家などを経て取材記者に。著書は『日本の黒幕』、『不祥事を起こした大企業』(宙出版)など多数あり。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング