日米は「平和の破壊者」 朝鮮外務省研究所

デイリーNKジャパン / 2018年2月14日 13時23分

デイリ-NKジャパン

北朝鮮外務省の軍縮・平和研究所の所長は13日、日本と米国が南北関係改善の流れに「ブレーキをかけてみようと分別を失ってのさばっている」と非難する談話を発表した。同日、朝鮮中央通信が伝えた。

北朝鮮の核・ミサイル問題などをめぐり圧力をかけている日米韓の関係にくさびを打ち込む狙いがあると見られる。

談話は、日米が「北南が一つになった姿を喜びの中で迎えた今回の冬季オリンピックの開幕式の場所に来てまで、われわれとの対決と敵対の念を鼓吹した」と指摘した。

また、「北と南が対座して関係改善問題を論議し、それによって民族の統一機運が高まるたびに、米国と日本は間違いなく、大規模合同軍事演習の強行のような故意の緊張激化策動でそれに大きな難関を醸成したりした」と述べた。

さらに、「米国と日本こそ朝鮮半島平和の破壊者、情勢激化の主犯、統一の根本障害物である」とし、「自分らの不純な言動が陰険で狡猾な本性だけをあらわにし、国際的な反対、排撃だけを招くことになるということを銘記して慎重に行動し、軽挙妄動してはならない」と忠告した。

デイリーNKジャパン__北朝鮮_その深部とポテンシャルを探る

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング