中国が北朝鮮の薬物組織を摘発…金正恩氏の「親衛隊」関与か

デイリーNKジャパン / 2019年5月25日 11時12分

金正恩(キム・ジョンウン)氏

米政府系のラジオ・フリー・アジア(RFA)によると、中国の公安当局は今月の初め頃、中朝国境地帯にある長白朝鮮族自治県で北朝鮮の覚せい剤密輸組織を一網打尽にした。そして公安当局の調査により、密輸組織メンバーが北朝鮮の国家保衛省の要員たちであったことが明らかとなり、両国間に緊張が走っているという。

国家保衛省は、拷問や公開処刑などを行いながら、金正恩党委員長の恐怖政治を支える秘密警察である。

(参考記事:北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは…

金正恩氏の「親衛隊」とも言える国家保衛省が、組織ぐるみで覚せい剤密輸に関わっていたとすれば、北朝鮮国内での薬物汚染とは次元の違う重要性を帯びることになる。

(参考記事:コンドーム着用はゼロ…「売春」と「薬物」で破滅する北朝鮮の女性たち

RFAの現地の情報筋によると、逮捕された密輸組織のメンバーは、脱北した国家保衛省幹部を追跡するため中国に派遣された同省の要員たちだったという。

「北朝鮮の保衛員たちはこれまでにも、中国国家安全局の支援を受けて、脱北者摘発のために自由に国境を行き来してきた。そして、国家安全局幹部と個人的に癒着し、覚せい剤の密売を大々的に行ってきたのだ」(情報筋)

また、延吉市の別の情報筋は「昨年から中国に派遣された保衛員は千人近くになると思う。彼らは長白、延吉、瀋陽などで密かに活動しながら、高位脱北者の追跡や自国に関連する情報収集を行ったり、覚せい剤を密売したりして外貨稼ぎをしてきた」と指摘している。

この情報筋はまた、「北朝鮮製の薬物が中国のヤミ市場で取引されるようになったのはだいぶ前のことだ。北朝鮮の薬物は中国を経て、米国、日本、韓国などにも流入している」と述べている。

(参考記事:一家全員、女子中学校までが…北朝鮮の薬物汚染「町内会の前にキメる主婦」

さらに「中国当局はこれまで、北朝鮮の保衛員たちの不正にはかなり寛容だった。だが、薬物の密輸ともなると問題は別だ。中国当局はまるで北朝鮮側の違法行為に対し宣戦布告でもするかのごとく、厳重な姿勢を取り始めている」と強調した。

北朝鮮がかつて、国家ぐるみで覚せい剤を生産し、日本などに密輸してきたのは良く知られた事実だ。

ただ、北朝鮮当局は日本などの取り締まり強化を受けてこうした活動から撤退。その後、国内での薬物乱用が度を越してきたこともあり、金正恩氏は覚せい剤などの密売・乱用に公開銃殺などの極刑をもって臨み、徹底的に取り締まっている。

(参考記事:謎に包まれた北朝鮮「公開処刑」の実態…元執行人が証言「死刑囚は鬼の形相で息絶えた」

しかしその一方、国際社会からの経済制裁下での苦境の中、手っ取り早い外貨稼ぎの手段として、薬物の密輸が再び脚光を浴びているとの情報もある。今回、中国当局が摘発した事件が、国家保衛省の一部要員の暴走によるものなのか、組織ぐるみのものなのかは今のところ不明だ。だが、仮に組織ぐるみであったとするなら、同省の性格を考えたとき、国家ぐるみと同等の重大性を帯びてくると言うこともできるだろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング