1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

金正恩の「女性にぎやかし部隊」に駆り出された、ある主婦の受難

デイリーNKジャパン / 2021年8月29日 6時24分

「宣伝隊」の練習に励む北朝鮮の女性たち(労働新聞)

北朝鮮の労働現場の映像を見ていると、ワゴン車に積まれたスピーカーから威勢のいい声で何かを叫びつつけている一団をよく見かける。現地で「扇動隊」と呼ばれているものだ。正式には「機動芸術宣伝隊」と呼ばれ、1961年に故金日成主席の指示に基づいて発足した。

工場、企業所、協同農場、建設現場を周り、朝鮮労働党の政策を宣伝し、歌って踊って労働意欲を高めるのが目的で、優秀な隊には賞が与えられる。

(参考記事:北朝鮮で18年ぶり宣伝活動家大会…金正恩氏が書簡

どんな効果があるのか甚だ疑問だが、今でも各地で続けられている。さて、咸鏡北道(ハムギョンブクト)の災害被災地では、復旧作業に当たる人々を鼓舞するために扇動隊が動員されたのだが、鼓舞するどころか逆に倒れてしまう事件が起きたと、現地のデイリーNK内部情報筋が伝えた。

(参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

北朝鮮の各地、中でも北東部や北西部では、今月に入ってから降り続いた長雨により甚大な被害が発生したが、被災地の一つ、咸鏡北道の朝鮮労働党委員会は14日、女盟(朝鮮社会主義女性同盟)に対して、現場で扇動隊の活動を行うよう緊急指示を下した。

(参考記事:「将軍様の肖像画より人命重視」北朝鮮の地方当局に変化

指示に基づき、女盟のメンバーは災害復旧に当たる作業員の出勤、退勤時間に合わせて、朝夕2時間ずつ道端で、歌って踊ってシュプレヒコールを叫びながら、花束を振り続けた。党委員会は、彼女らに扇動だけではなく、実際の復旧作業にも参加せよとの追加指示を下した。結局、彼女らは二手に分かれ、一方は復旧作業を、一方は扇動活動を続けた。

そんなある日、清津(チョンジン)市の女盟のメンバーが急に倒れた。現場にいた市人民委員長(市長)が自らの車に乗せて病院に搬送、診察を受けさせたところ、ひどい栄養失調と熱中症によるものだとの診断を受けた。

食糧難がひどくなる中、彼女は1日1杯の粥だけで糊口をしのぎ、水を飲んで空腹を満たしていたのだった。そんな窮状を知った人民委員長は、全住民の生活が苦しい中で、家庭の生計の責任を負う女性まで動員しなければならないのかと、党委員会にかけあった。つまり、普段なら彼女らは市場で商売をして一家を経済的に支えているが、動員によりそれができなくなり、ただでさえ苦しい生活がより苦しくなっているということだ。

それに対して党委員会は、人民委員長の態度がなっていないと逆に批判し、「今の世の中で苦しんでいない人がどこにいるのか」「皆が苦しいのに、一部だけを大目に見るようでは、誰が建設現場や行事に行こうとするのか」などと激しく罵ったという。

さらには人民委員長に対し、彼女や他の絶糧世帯(食糧が底をついた世帯)の生活上の困難を解決し、積極的に扇動に動員せよと、住民に対する責任を丸投げする始末だ。

(参考記事:「この国にはもう、食糧はないのか」北朝鮮国内で動揺広がる

この話を聞いた住民の間からは当然のように、人民委員長に対する支持と共に、党委員会を非難する声が上がったという。

「人民委員長の考えが全く正しいのに、党は女性をどれだけ苦労させているのか知ろうともせず、生きようが死のうが現場に追いやっている」(情報筋が伝えた住民の声)
「党が行政をバカにして見下す現象を党(の上部)に報告してもむしろ問題視されるだけだ」(同)

なお、倒れて入院した女性は、高熱を出したため、2日目からは自主隔離を強いられているという。食糧配給などのないままで、自宅に閉じ込めるというのが北朝鮮式の自主隔離だ。もしかすると生きて家から出てこれないかもしれない。

(参考記事:北朝鮮「骨と皮」だけの一家を待っていた悪夢の8日間

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング