1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 国際
  4. アジア

狙われた“罪なき妻”…金正恩「拷問部隊」周辺で不穏な事件

デイリーNKジャパン / 2021年10月8日 6時32分

金正恩氏と李雪主夫人(労働新聞)

世界最悪の人権侵害国家と言われる北朝鮮を末端で支えている組織といえば、安全部(警察署)と保衛部(秘密警察)だ。

特に保衛部は、金正恩体制の恐怖政治を支える役割を担い、拷問や公開処刑、政治犯収容所の運営を担当してきた。

そして、その要員たちは絶大な権限を振りかざし、暴言、暴行は当たり前で、何かに付けて庶民からワイロを搾り取ってきた。

(参考記事:女性芸能人たちを「失禁」させた金正恩氏の残酷ショー

そんな彼らがぬくぬくと暮らしているかと言えば、必ずしもそうではない。恨みを買って殺される安全員や保衛員は一人や二人ではなく、夜道を安心して歩けないほどだ。枕を高くして寝られないのは、罪なきその家族とて同じだ。

(参考記事:北朝鮮で「警察官への襲撃」相次ぐ。こんどは村で評判の青年が…

川を挟んで中国と向かい合う咸鏡北道(ハムギョンブクト)の会寧(フェリョン)では、保衛員の妻が無残に殺害される事件が起きた。現地のデイリーNK内部情報筋が、事件の概要を伝えた。

会寧市保衛部に務める保衛員の妻、キムさんは先月28日午前10時ごろ、何者かからの電話を受けた。

「あなたのお母さんに急な出来事が起きた。2万北朝鮮ウォン(約440円)を持って動物園の前まで来てくれ」

大慌てで現金を持って外出したキムさん。ところが、昼食の時間になっても帰ってこないことに心配になった夫が、義母に「そっちに行っているか」と電話で確認したところ、「娘に電話なんかしていないし、こっちに来てもいない」と言われたという。

まるでオレオレ詐欺のような展開に、怪しいと感じた夫はすぐに保衛部と安全部(警察署)に通報した。しかしその直後、ちょうど家を出てから3時間後に、彼女は変わり果てた姿で発見された。遺体はひどく損傷した状態で、麻袋に入れられ、動物園のそばに遺棄されていたという。

早速捜査が始まったものの、未だに犯人は捕まっていない。地域住民は衝撃を受けると同時に、怨恨による殺人ではないかとの噂で持ちきりだとのことだ。

「保衛員に恨みを抱いて、その家族を報復の対象にしたのではないか」
「保衛省と保衛部員たちの過剰忠誠がもたらした住民への被害は言葉で言い表せないほど大きく、恨みを募らせた人は多い」

(参考記事:濡れ衣の女性に性暴行も…悪徳警察官「報復殺人」で70人死亡

一般住民を末端レベルで監視し、権力を振りかざしてワイロを搾り取る保衛員は、そもそも嫌われ者だが、コロナ対策としての国境封鎖から1年以上経ち、生活苦に苦しむ人も少なくない中でも、有無を言わさず取り締まりに熱を上げている。

最近は中国キャリアの携帯電話や韓流への取り締まりを強化しており、捕まった人の中には管理所(政治犯収容所)行きとなったり、公開処刑されたりした人もいる。中でも会寧は中国と国境を接している環境から、保衛部の犠牲になった人が少なくない。

また、捕まった本人のみならず、その家族の追放にも保衛員が関わっており、恨みから報復する機会を狙っている者が一人や二人ではないと情報筋は説明した。

(参考記事:男たちは真夜中に一家を襲った…北朝鮮の「収容所送り」はこうして行われる

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング