ベッキー、清原和博、香取慎吾、舛添要一、桂文枝…2016年世間を騒がせた有名人に共通点! 名前の文字が超ド級の疫病神を呼ぶ!?

ダ・ヴィンチニュース / 2016年11月17日 6時30分

写真

『知るのが怖い! 名前によい文字 悪い文字』(なかやまうんすい/河出書房新社)

 清原和博、ベッキー、舛添要一、石田純一、香取慎吾、桂文枝…。今年注目を集めたこれらの著名人にはある共通点がある。それは、名前に、不吉な成り立ちを持つ文字「凶文字」が入っているということだ。あなたの名前には「凶文字」は入っていないだろうか。最愛の我が子に字源の不吉な名前をつけてしまってはいないだろうか。

 姓名学界の第一人者として10万人以上の名前を鑑定してきた、なかやまうんすい著『知るのが怖い! 名前によい文字 悪い文字』(河出書房新社)によれば、文字によって表される人間の姓名は、その人の運勢をあやつっているのだという。特に、文字のなりたち「字源」の影響は大きい。文字の中には、ふだん使われている意味からは想像もつかない、不吉な成り立ちのものがある。もしも、その文字が人名に使われていると、人生の思いもよらぬところでつまずいてしまう可能性が高まってしまうのだ。


 たとえば、最近女性誌に載ったなかやま氏の記事。2016年に大トラブルに巻き込まれた有名人たちの名字に、全員「高」の字が入っていることにお気づきだろうか。息子の高畑裕太が強姦容疑で逮捕された高畑淳子。夫・高知東生が逮捕され離婚した高島礼子。酒に酔って傷害事件を起こした高岡蒼佑。野球賭博疑惑で巨人を退団した高木京介。そして、大麻取締法違反の疑いで逮捕された高樹沙耶――。

 そもそも「高」という文字は、古代中国で「死体の血を塗り固めた土の壁」を意味していた文字。当時は、この文字が似つかわしい、争いが絶えない世の中だったが、現在では災いの意味合いが強くなってしまっているのだそうだ。

 ただし、単純に「高」の字があると悪いということではなく、他の悪い名前の要素と重なると、事件や事故に結びつきやすい。逆に、医療や介護、警察や消防等の仕事に携わっている人には、「高」の字はいい作用を及ぼすという。


 また、覚せい剤所持の疑いで逮捕された、清原和博の「清」の字は、吉凶作用の入れ替わりの激しい文字のひとつで、病気や事件の凶暗示がある。清原の元妻・清原亜希の「亜」も非常に凶作用の強い文字。「亜」は「中国古代の貴族の墓」を表す死に関わる文字のため、家庭運に恵まれない運命を招くといわれている。文字の吉凶は、漢字だけでなく、漢字を起源とした平安文字のひらがなやカタカナにもあらわれるが、不倫が問題視されたベッキーやファンキー加藤の「キ」の文字は「幾」が元となっており、この字は「もうすこしで人の体に刃が届く様子」を字源に持つ凶文字。才能が完成されつつも、突然足をすくわれるようなトラブルに見舞われやすく、2人への批判の殺到は、まさに、「刃が届く」という暗示を思わされる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング