ホビットからダークナイトまで! 世界の腐女子はこの映画に萌えていた

ダ・ヴィンチニュース / 2013年4月12日 11時40分

写真

『21世紀萌え映画読本』(大木えりか:著、山田睦月:イラスト/新書館)

 男の世界に“萌え”を見出す腐女子のみなさん。みなさんが最近見た映画で、「これは萌えた!」という作品はなんですか? そして、その作品に萌えた理由は? そんな映画の“萌え”について語っているのが、3月30日に発売された『21世紀萌え映画読本』(大木えりか:著、山田睦月:イラスト/新書館)だ。この本では、『ロード・オブ・ザ・リング』から「007」シリーズ最新作まで、2000年代の映画を腐女子視点で紹介している。そこで、今回は腐女子がどんなところに萌えを感じるのか。そのポイントを、作品と合わせて紹介していこう。

元記事はこちら

 ひとつは、ホモソーシャルな関係性だ。ホモセクシュアルは、同性の性的な関係を表すが、このホモソーシャルは社会的な結びつきを表すんだとか。たとえば、会社や政治、軍隊、寮や体育会系のサークルなど、男同士の友情や全体の連帯感、戦うべきライバルがいる。そんな関係性に萌えるのだ。そのホモソーシャルを思う存分楽しめるのが、『ロード・オブ・ザ・リング』とその続編である「ホビット」シリーズだ。それに、やおいの元祖とも言われる『スター・トレック』も外せない。欧米では、日本のBLでカップリングを表す際に使われる「×」の代わりに「/(スラッシュ)」が使われるのだが、その/が生まれたのがこの『スター・トレック』からなのだ。この作品も、宇宙艦隊という限られた場所で、おまけに厳密な序列のもとに決まった役割がある。だから、船長であるカークと副長であるスポックも強い絆で結ばれているし、明るくみんなに愛されるカークと冷静なスポックの組み合わせに萌える人が多かったのだろう。とにかく女性の影が薄いこれらのシリーズ。だからこそ、敵対する相手との争いや強い憎しみ、逆に主のために尽くす自己献身的な姿など、あらゆる男同士の関係性だけにスポットを当てられるのだ。自分がどんな関係性に萌えるのかを探すには、ぴったりの作品かも。

 また、最近人気なのが“ブロマンス”と呼ばれるジャンルだ。これは「ブラザー」と「ロマンス」を掛け合わせてできた言葉で、萌えというか友情の域を超えている2人。性的な関係はないが、ホモソーシャルの中でも極めて近い存在である2人を表す言葉だ。なかでも代表的なのが、「ホモーズ」と呼ばれるほど腐女子人気の高い『シャーロック・ホームズ』。ガイ・リッチー版のホームズは、結婚して医師業に専念すると言うワトソンに対して室内で銃をぶっぱなすし、結婚相手であるメアリーにも失礼の限りを尽くす。そんなやりたい放題のホームズに対して、ワトソンは文句を言いながらもなんだかんだで捜査に協力してしまう。こんな2人を見て、妄想が膨らまないはずがない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング