サブリミナル効果は真っ赤なウソだった!? 偽科学・珍学説の数々

ダ・ヴィンチニュース / 2013年4月19日 11時50分

写真

『図説偽科学・珍学説読本』(グレイム ドナルド:著、花田知恵:訳/原書房)

 「サブリミナル効果」。人が知覚する意識と、知覚しえない潜在意識の境界領域より下に刺激を与えることで表れるとされている効果のことで、映像などで人が認識するかしないかのギリギリの瞬間に意図的なメッセージなどを挟み込むという方法がよく知られている。しかし、なんとこれ、科学的確証のない、いわゆる偽科学らしいのだ。

元記事はこちら

 そんな情報や、いまだに信じられている珍学説などの情報満載の本が、3月に出版された。それが『図説偽科学・珍学説読本』(グレイム ドナルド:著、花田知恵:訳/原書房)だ。

 たとえば、前述したサブリミナル効果について。これを広めたのは市場調査の専門家ジェイムズ・ヴィカリー。彼は1957年のニュージャージー州フォトリーの映画館において密かに行なった実験で、すばらしい結果が出たと発表した。その実験が、いわゆる「サブリミナル効果」そのもので、観客に「コカ・コーラを飲め」「ポップコーンを食べろ」と指示するフラッシュ映像を混ぜた映画を見せ、その結果、映画館のロビーでコカ・コーラとポップコーンの売り上げがグンと伸びたと、広告業界の大物や製造業者などに伝えたらしい。ここまでは、有名な話である。しかし、本書によれば、1962年にヴィカリーは「サブリミナル効果」はペテンで、破綻しそうな自分のコンサルタント業を救済するためにでっちあげた、と認めたという。

 アメリカ式ならばReally!? 日本式ならば本気(マジ)で!? という声をあげたいところ。というより、そんなに早くから「嘘」だと認めているのに、なぜ未だにみんな信じているのだろうか。なんとじつは、ヴィカリーのその声は無視されたというのだ。その理由としては単純で、「サブリミナル効果」があまりにも、人々の間に広がりすぎていたからだという。ひとりの声は、多数の前では黙殺されるという、なんとも怖い例である。ちなみに2006年の調査によると、アメリカ人の約80%が未だに「サブリミナル効果」の不気味な力を信じているらしい。

 でも、なぜそんなにも、人は偽科学を信じてしまうのだろう。興味深い話が本書に載せられている。

 今や地球は球体だということが当たり前になっているが、昔の人々は「地球? 平面だろ」と本気で信じていた。いわゆる「地球平面説」である。その信者のひとりにマルティン・ルターがいる。ドイツの宗教改革者で、歴史に残る、超重要人物のひとりだ。そんな彼が、地球平面説を信じた根拠、それは「全人類は最後の審判の日にキリストの再臨を目撃することになっているのに、もし万が一世界が球体だったら、世界の半数以上がそれを見られないではないか」というものだった。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング