秘密の通路、ミッキーマウスの中の人…ディズニーランドの知られざる秘密

ダ・ヴィンチニュース / 2013年4月24日 11時30分

写真

『ディズニーリゾート150の秘密』(TDR研究会議/新潮社)

 今年の4月15日で開園30周年を迎えた東京ディズニーリゾート。“ザ・ハピネス・イヤー”と題して、新たなパレードや限定グッズを販売するだけでなく、ミッキーマウスやディズニーキャラクターたちが全国30都市を巡る「東京ディズニーリゾート30周年“ザ・ハピネス・ツアー”」を実施するなど、さまざまな催し物で盛り上がっている。そんなディズニーランドにも、知られざる秘密がたくさん眠っている。開園30周年を記念して、『ディズニーリゾート150の秘密』(TDR研究会議/新潮社)から、知られざるディズニーの舞台裏を見てみよう。

元記事はこちら

 まず、みなさんはディズニーランドに秘密の通路があることを知っているだろうか。なんと、ディズニーランドの地下にはトンネル状の巨大な地下通路が作られているというのだ。そして、その秘密の道路はもちろんディズニーシーにも作られている。その場所は、驚くべきことにディズニーシーの真ん中にそびえ立つプロメテウス火山の中。実は、火山内部のふもとにキャストがバックヤードからの移動に使うシャトルバスやレストランにドリンクやフードを運ぶためのトラックが通る道があったのだ。

 さすがにその通路を見ることはできないが、ある場所に行けばバックヤードを覗くことはできる。それが、「ウエスタンリバー鉄道」と「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」に乗っているとき。そもそも、バックヤードがあるのはディズニーランドとディズニーシーの間にある緑の森。その地帯に、本社ビルをはじめ、キャストの更衣室といった建物がある。だから、ディズニーランドなら「ウエスタンリバー鉄道」が走る木立がうっそうとしげる場所。ディズニーシーなら、「ディズニーシー・エレクトリックレールウェイ」から「ケープコッド・クックオフ」を注意して見ればいい。運がよければ、「いろんなコスチュームを着たキャストが手を降る光景」が見られるかもしれないのだ。

 そして、ディズニーランドとディズニーシーで1日でも相当な数のショーをこなすミッキーマウス。ぶっちゃけ、中の人は何人ぐらいいるのか知りたくはないか。著者であるTDR研究会議のメンバーがキャストの人に聞いてみたところ、なんとミッキーマウスは東京ディズニーランドの「ワンス・アポン・ア・マウス」に出演しているだけでも最低6人はいるというのだ。それに、ほかのショーやディズニーシーも合わせればその人数は計り知れない。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング