こんな「昭和のノリ」はもうナイ。だからウケる『団地ともお』

ダ・ヴィンチニュース / 2013年4月26日 12時0分

写真

『団地ともお』(小田 扉/小学館)

 この春からNHKで『団地ともお』(毎週土曜午前9時30分)のアニメが放送されている。原作マンガ(著:小田扉)は『ビックコミックスピリッツ』(小学館)で長年連載されており、単行本は最新で21巻を数える作品だ。

元記事はこちら

 物語の舞台はなんとなく「昭和」を連想させる枝島団地という大規模団地。その29棟で生活する“ちょっとおバカさんだけど毎日を一生懸命過ごしている”小学4年生・木下ともお(友夫)を主人公に、彼の家族や友だち、周辺の住民とのコミニュケーションを中心とする日常が描かれている。

 そのストーリーは、基本的に1話完結で、ともおのエキセントリックな感覚や行動に対して、周囲の人が怒るよりもむしろ憐れみを込めたツッコミを入れる展開が多い。だが、時折ツッコミを入れている側も、「とはいえ、自分だって…」と逆に反省したり、ともおの屈託ない感覚に新鮮味を感じて影響されたりすることなども。話の展開は毎回一筋縄ではない。

 注目すべきなのは、ほとんどすべてのストーリーが団地内のコミュニティの範囲に収まっているということだ。しかも、そのコミュニティーの拡がりが現代社会ではあり得ないくらいに広い。

 ともおの同学年には、親友と言っていい吉本やよしのぶ、ほかにもケリが強いという理由で「ケリ子」とあだ名されている景子など、クラスの友達が多数いるが、それ以外にも、いつもライバル意識旺盛な隣のクラスの面々がいて、野球やサッカー、その他の遊びでしょっちゅう張り合っている。

 だが、団地内の交流はそんな範囲ではとても収まらない。ともおは父が単身赴任で普段家にはいないが、母・哲子と中学2年の姉・君子がいて、彼女たちの交友についても数多く描かれている。

 それ以外にも、6年生の佐山姉弟(双子)をはじめとする他学年の子ともしょっちゅう交流しているし、高校生の青戸さんや、コンビニでバイトしているお兄さん、おなじ棟の寡黙な頑固オヤジこと島田さん、受験勉強に一生懸命だけど成績の上がらない高校生の青戸さんなど、すべてを挙げたらキリがないほどの団地(やその周辺地域)の住民が登場し、さまざまなネットワークによる交流が描かれているのだ。ともおが立ちションしていれば周囲の住民に怒られるし、ともおが転んで泣いていれば声をかけておぶってくれる。団地内の住民と家族同様のやりとりが交わされるのである。

 こうした家族の枠を飛び越えた交流は、昔はたくさん存在していたこと。もちろん今でも全国を探せば残っているところはあるのかもしれないが、すっかり見られなくなった「昭和」くさい光景だ。団地で生活した経験がない者が読んでも、不思議と郷愁が感じられるのは、そうした点とおそらく無関係ではないだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング