最近の料理マンガがエロマンガ化している!?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年5月1日 12時10分

写真

『食戟のソーマ』(附田祐斗、佐伯 俊:著、森崎友紀:原著/集英社)

 『美味しんぼ』(雁屋 哲:著、花咲アキラ:イラスト/小学館)や『クッキングパパ』(うえやまとち/講談社)、『信長のシェフ』(梶川卓郎、西村ミツル/芳文社)など、料理のレシピ本としても使える料理マンガは昔から人気が高い。しかし、最近の料理マンガは少し変わってきている。どの本もおいしそうな料理が満載なのは確かだが、食事のシーンがかなりエロく見えるのだ。そのきっかけになったのは『花のズボラ飯』(久住昌之、水沢悦子/秋田書店)。主人公である花が食事する姿だけを見れば、エロマンガと言われても納得できる。そして、そんな『花のズボラ飯』の流れを汲んだ料理マンガがたくさん登場しているのだ。

元記事はこちら

 まず、食べる仕草や表情がなんともエロい『幸腹グラフィティ』(川井マコト/芳文社)。主人公はひとり暮らしで料理が上手な中学生・リョウ。彼女が同い年のはとこ・きりんや予備校のクラスメイト・椎名のために腕をふるうのだが、とにかく彼女たちの食べっぷりがエロいのだ。屋台で汗とよだれを足らしながらイカ焼きにかぶりつく姿や卵入りの麺つゆを飛ばしながらそうめんをすする姿。熱々のお鍋をあーんしてもらって食べたり、筍ごはんを食べながら「んおこげ大好きれす…」なんて舌ったらずなしゃべり方をされたら、ついついいろんな妄想が膨らんでしまう。それに、顔を上向けてお吸い物を飲む仕草もグッとくるし、その後満足気に微笑みながら息をつくところも色っぽい。また、炭火で焼いた秋刀魚を少しかじって口のなかに広がる味わいに恍惚の表情を浮かべたり、うな重を口いっぱいに頬張って涙目でごはんを噛みしめたりもする。口の周りには米粒がいっぱいついているのに、それさえもなんだかそそられる。箸をくわえて、そこに残っている味までもちゅうと音をたてて吸い尽くす姿がエロくないはずがない。

 また『くーねるまるた』(高尾じんぐ/小学館)の主人公でポルトガルからの留学生であるマルタさんも、彼女たちに負けず劣らずエロい食べっぷりを披露してくれる。熱々の小籠包やオイルサーディンを頬張って、口に手を添えながら涙目になり、はふはふと熱さをこらえる姿はたまらない。しかし、彼女のエロさはその食べ方だけじゃない。マルタさんは、食べ物について考えているだけでもなんだかエロい表情になってしまうのだ。実家から届いた荷物に頬擦りしながら顔を赤らめ、うふっと意味深な笑顔を浮かべたり、風呂上がりのビールがないだけで思わず涙目になるところもキュンとくる。また、蟹のディップを思い浮かべただけで目がトロンとしてきて顔はポーッと赤くなるし、口も半開きになってよだれまでこぼしちゃうのだ。料理を食べなくても、想像しただけでこんなに幸せそうな表情になれるのはある意味すごいかも。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング