性別の入れ替えに、妖精的な存在…、今も変わらず魅力的な漫画のセオリーとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年5月13日 12時30分

写真

『ゲッターズ飯田のいろんなマンガを勝手に占ってみました。』(ゲッターズ飯田/蒼竜社)

 昨今、マンガ業界は、BLや萌え系など様々な分野が注目を浴び、ますます盛り上がりをみせている。

元記事はこちら

 だが、名作『ドラゴンボール』(鳥山明/集英社)の劇場版が17年ぶりに復活し、ネット上で話題になっていることもあり、往年の漫画もまだまだ人気が高い。孫悟空たちが今度はどんな強敵に挑むのかが気になるところ。彼らは修行をするたびに着実に強くなっていくのだから、今度もきっと負けはしない。そういえば、同じく高い人気を誇る『ONE PIECE』(尾田栄一郎/集英社)のルフィや、『NARUTO―ナルト―』(岸本斉史/集英社)のナルトも強敵が現れるたびに、どんどん強くなっていく。大ヒットとなる漫画には、昔から変わらない何かお決まりのパターンがある様子。

 コラムニスト・ブルボン小林氏によると、ほかにも読者にドキドキ感を与えるいくつかの決まったパターンがあるようだ。
 同氏の著書『マンガホニャララ ロワイヤル』(文藝春秋)では、旧作から新作まで取り上げて、ツイッターが漫画に与えている影響や、主人公たちが最近東京の具体的な場所(立川や赤羽など)に住み始めた現象など、するどく熱い漫画評を語られる。このなかで、人気漫画によく見られるパターンを挙げ、その傾向を探っている。

 そのひとつが“性別の入れ替え”。例えば、手塚治虫の『リボンの騎士』のように性別を偽る漫画があれば、『らんま1/2』(高橋留美子/小学館)のように完全に性別が入れ替わる主人公も。

 最近の漫画でいうと、13世紀のモンゴルと西夏国(タングート)という珍しい舞台設定で繰り広げられる活劇を描く『シュトヘル』(伊藤悠/小学館)もそう。主人公の少年と彼を守る女戦士シュトヘルは、現代に転生すると主人公は女子高生に、女戦士は男子高校生になってしまう。

 確かに、彼らの性別が入れ替わったときの変わらぬ美貌ぶり(彼らはたいてい美男・美女だ)や、性別が変わったときのギャップ、彼らを取り巻く恋愛模様は、読者に現実では起こりえないドキドキの展開を期待させるものだ。

 また、『うる星やつら』(高橋留美子/小学館)のラムちゃんに代表される浮遊する恋人や、『神風怪盗ジャンヌ』(種村有菜/集英社)などに見られる妖精的存在のマスコットも、漫画の定番となっているという。いつも側に漂って24時間自分だけを見ていてくれる存在ほど、望んでやまないものはないだろう。

 さて、そんな過去から現在に渡る漫画の国民的キャラクターたちを勝手に占って人物評価しているのが、『ゲッターズ飯田のいろんなマンガを勝手に占ってみました。』(ゲッターズ飯田/蒼竜社)。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング