太った? 老けた? 外食中心の人のための「虎の巻」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年5月16日 12時20分

写真

『白澤教授の働く男の外食術 太らない・疲れない・アンチエイジング』(白澤卓二/中央法規出版)

 5月からクールビズが始まったが、去年買ったズボンがキツイ、という人はいないだろうか? 実は肥満というのは「老化のサイン」なのだという。加齢で基礎代謝が落ち、さらにエネルギーを消費する筋肉量が減るので、肥満になるというのだ。しかし寝坊して朝食抜き、毎日何を食べるかで頭と財布を悩ませる昼食に、つい面倒になってコンビニ弁当などで手軽に済ませる夕食、仕事の付き合いなどで行く飲み屋と、ついつい外食や中食が多くなるサラリーマンには「健康的な食事」というのはなかなか難しいものだ。そんな食生活の積み重ねで、健康診断で「メタボ」の烙印を押されてしまった、という人も多いだろう。

元記事はこちら

 ただそんな人に限って、昼食にはガッツリ系のカツ丼や牛丼、ハンバーガー&フライドポテトに炭酸飲料、大盛りの天ぷらうどんや背脂ギトギトラーメン&チャーハンに餃子などを短時間でサッと食べ、さらに夜の居酒屋では揚げ物とビールで腹いっぱいになり、帰りのコンビニでおにぎりを買って深夜に食べてしまう、などという食事をしていないだろうか。しかし、そんな人たちの心の叫びが聞こえてくる……。

「健康的と簡単に言うけど、どんな食事をしたらいいのかわからない!」と。

 そう思っている人にオススメしたいのが『白澤教授の働く男の外食術 太らない・疲れない・アンチエイジング』(白澤卓二/中央法規出版)だ。本書の冒頭、白澤先生は男性は女性に比べて健康に無頓着になりがちで、「昔は体育会系だったから、少し太っていてもすぐやせられる」「体力をつけるにはごはんや肉をたっぷり食べるのが一番」と自己流の間違った食生活を続け、女性よりも早く老けてしまう人が多いと語っている。もちろん肥満は寿命を縮め、病気などのリスクも高まるものだ。

 肥満予防=アンチエイジングという白澤先生は、運動よりもまずカロリー制限がダイエットの始まりと指摘する。もちろん運動も大事だが、それだけで痩せるのには限界があるのだ。個人差や体格差はあるものの、脂肪を1キロ消費するには7200キロカロリーを消費せねばならず、それにはフルマラソンを3~4回走らないと消費できないという途方もないハードさなのだ。もちろん運動も一緒にやることが望ましいのだが、まずは毎日消費するカロリーが減っている分、摂取するカロリーを押さえることが先決なのだ。そしてカロリー制限すると、若返りのホルモンであるDHEA-Sというが分泌されるようになり、さらには寿命も延びることになるのだそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング