庶民化が進む? 最近の魔王や勇者たち

ダ・ヴィンチニュース / 2013年5月23日 11時30分

写真

『勇者になれなかった俺はしぶしぶ就職を決意しました。』(左京 潤:著、戌角 柾:イラスト/富士見書房)

魔王──。言わずと知れた、悪魔、または魔物の王様。

関連記事を含む記事はこちら

 その響きからは、傍若無人で残酷極まりない悪の権化が想像され、圧倒的な力を誇る極めて難攻不落の存在というイメージが強い。姿形は人の想像の数ほど存在するが、古くから物語や言い伝えなどにその名が登場してきた。

 そして勇者──。こちらは、文字通り勇ましい者として、悪に立ち向かっていくイメージである。古くは孔子の『論語』に「知者は惑わず勇者は懼れず」と記されるなど、単語としては随分前から存在していたようだ。

 この魔王と勇者の存在は、1986年に最初に発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフト『ドラゴンクエスト』が大人気となったあたりから、ファンタジー系ゲームや小説などにおいて多用されるようになったと思われる。勇者は戦士と賢者の要素をバランスよく織り交ぜるとともに、他者が得がたい特別な能力なども持ちあわせた物語の主人公であり、魔王は主人公の勇者が倒すべき最終目標、いわゆる“ラスボス”として君臨する。この図式は、今や説明の必要がないほどに浸透していると言っていいだろう。

 ところが、近頃はその不文律が狂い始めているようである。特にライトノベルの世界では、魔王や勇者が庶民化された作品が人気となっている状況だ。

 たとえば、今年1月にアニメ放送された『まおゆう魔王勇者』(橙乃ままれ/エンターブレイン)では、本来悪の権化としておぞましい姿をしているのが定番であるはずの魔王が、知性派の可愛い女性の姿をしており、戦いを挑んだ勇者に対して、無垢な色気を放ちながら世の中を変えていくために手を組むことを提案してくる。そして、力や魔力に頼らず、農業や経済を駆使して理論的に世界を良くしていくために、魔王と勇者は協力し合いながら互いに惹かれて行くという、これまでの王道とはかけ離れたストーリーとなっていた。

 また、現在アニメ放送中の『はたらく魔王さま』(和が原聡司:著、029:イラスト/アスキー・メディアワークス)は、別の世界で本来の図式どおりに勇者と戦っていた魔王・サタンと腹心のアルシエルが異世界である現世に迷い込むというもの。しかし、この世界では魔力を蓄える術がなく、元の世界に戻る方法を探すまでの間、魔王は生きながらえるために言葉を覚えて安アパートを借り、ハンバーガーショップでアルバイトを始める。その後、魔王を追って勇者・エミリアもこの世界に降臨。互いに牽制し合いながらも、次第にこちらでの生活に馴染んでいく。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング