男の好みも遺伝する!? 母親が娘の人生に与える影響とは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年6月6日 12時0分

写真

映画『大奥 ~永遠~ [右衛門佐・綱吉篇] 』

 今年もつつがなく過ぎて行った「母の日」。こういう日は、普段は当たり前のように思っている「母」という存在を、あらためて認識させてくれるから ありがたい。ところで「母」の存在というのは、どのくらいの影響力をもつのだろうか。昔から「子は親のコピー」とはいわれるけれど、実際どうなの? というわけで、特に娘の立場からどう感じているのか、ダ・ヴィンチ電子ナビで20~30代の女性445人にアンケートをとってみた。

他の画像やグラフなど、もっと詳しい情報はこちら

 まず押さえておきたいのは、そのベーシックな関係性(Q1)。

■Q1.母親との関係はどのような状況ですか?
1位 友達親子のような仲良し関係 48%
2位 母親が尊敬・憧れの対象である関係 14%
3位 表向きには仲はよいが、本当は複雑な関係 11%
4位 主従関係のはっきりした親子関係 5%
4位 本音が言いあえない他人行儀な関係 5%
6位 ほとんど口もきかない絶縁関係 2%

 物語の世界ではよく支配的な母親が描かれるが、アンケートではいわゆる「友達親子」的関係が半数近く(48%)にのぼった。実際、美容業界では 「ままも族」(“ママもきれいになりたい”が語源で、母娘でサロンを利用する層)が増えているというし、旅行業界にも母娘企画があるし、いまや“母娘消費”はひとつのマーケットになっている。その意味では、このアンケート結果も今の一般的なトレンドを反映しているといえそう。
 さて、問題は、そんな母娘は一体どこまで似るものなのだろうか(Q2)。

■Q2.母親と自分(娘)はどんなところが似ている? <容姿/性格/価値観/行動>
非常に似ている 容姿:10% 性格:10% 価値観:6% 行動:5%
やや似ている 容姿:39% 性格:34% 価値観:32% 行動:27%
どちらでもない 容姿:20% 性格:17% 価値観:30% 行動:29%
あまり似ていない 容姿:20% 性格:24% 価値観:19% 行動:24%
全く似ていない 容姿:11% 性格:15% 価値観:13% 行動:15%

 「容姿」や「性格」といった多少なり遺伝的要素の含まれるものは「似ている」派が断トツ(容姿:49%、性格:44%)、次いで「価値観」や「行動パ ターン」といった後天的な面も3割を超える(価値観:38%、行動パターン:31%)。たしかに、友達のように普段から仲良くおしゃべりし行動も共にして いれば、段々と同じような世界観を持つのは不思議ではない。女子の仲良しグループが同じような格好で同じような考え方をしたりするのはめずらしくないわけ で、母娘だって同じってことだろう。
 さすがにそこまでないか、というのが「異性の好み」(Q3)。といっても「似ていない派」の圧勝でもなく、大多数は「どちらでもない」(43%)で、他の項目と 比べひときわ曖昧派が多い。おそらく潜在的に「母」を「女」として意識していないから、突っ込んだ話題(異性や性)とイメージが結びにくい娘の心理がある のかも……。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング