郷 ひろみ「60代がきっと僕のピークになる。大器晩成型なんですよ」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年6月7日 11時40分

写真

『G 郷ひろみ』(ジミー・ミン・シュン:撮影/ギャンビット)

 毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。今回登場してくれたのは、およそ30年ぶりとなる写真集『G 郷ひろみ』を発売したばかりの郷ひろみさん。さらなる高みを目指し、そのための努力を怠らない郷さんに、人生の哲学を聞いてみた。

関連情報を含む記事はこちら

「僕は、大器晩成型なんですよ(笑)」との発言に、まず驚かされた。

 しかも、「ピークは60代だと思ってます。だからこれからですよ、僕が一番輝くのは」とのこと。

 この言葉は、今回30年ぶりに写真集を出そうと思った理由を聞いたあとに放たれたものだ。

「その60歳を2年後に控え、そろそろ新しい動きを始めようと思っていた頃だったんですね。写真集はそのタイミングでいただいたお話だったので、これもきっかけになるな、って」

 彼が、60年代にピークを迎えると断言するのには根拠がある。それは、常日頃から未来を見据えた思考だ。

「絶えず、自分のキャパシティを越えていきたいという思いがあるんです。活動の幅を広げることは変化していくということですよね。なかにはそれを億劫だと感じる人もいるかもしれない。けれど、面倒くささを乗り越えて変化し続けて行くと、いずれその人にとって変化が進化になるんです。僕は、進化さえし続ければ、その結果、自分がどんな道を歩もうとも、素晴らしい未来が来ると信じている。60代、70代を迎えることに不安を覚える方もたくさんいるでしょうけど、生き方の目線を変えるだけで、40代、50代の毎日がものすごくポジティブになり、歳を取るのが楽しみになるんですよね」

 もちろん、自身が進化したと実感できるようになるまでには、何年もの時間がかかる。

 しかし、「その時間こそが、努力と呼ばれるものだと僕は思うんです」と話す。

「結果をすぐに求めるのではなく、自分がどういう生き方をしたいか、そのためには何をすればいいのか。そのプロセスこそが大切だと思いますからね」


取材・文=倉田モトキ 写真=Jimmy Ming Shum
(ダ・ヴィンチ電子ナビ「あの人と本の話 and more…」より)

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング