文庫として復活! 平成ライダーシリーズが熱い!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年6月9日 7時20分

写真

『仮面ライダー響鬼』(きだつよし:著、石ノ森章太郎:原著/講談社)

 2000年にTV放送がスタートした『仮面ライダークウガ』以降、アギト、龍騎、555(ファイズ)、剣(ブレード)、響鬼(ひびき)、カブト、電王、キバ、ディケイド、W(ダブル)、OOO(オーズ)、フォーゼ、そして現在のウィザード──。

関連情報を含む記事はこちら

 シリーズとして復活し、その後も途切れることなく続いている仮面ライダーシリーズ。昭和のシリーズに対して「平成ライダー」と呼ばれるようになって久しいが、2012年11月より、一連の作品が「講談社キャラクター文庫」というレーベルとなって順次刊行されている。

 これらは、TVで放送された内容の単純なノベル化ではない。本編では描かれなかったスピンオフや、後日談、ものによっては、まったく別のストーリーというものもある。

 たとえば、TVシリーズとしては2作目にあたる『仮面ライダーアギト』(岡村直宏:著、井上敏樹:監修、石ノ森章太郎:原著/講談社)でいうと、初期の頃の基本的なストーリーについては、ほぼ、TV版を踏襲しているが、その内容は徹底的に絞り込まれた「凝縮版」という印象だ。

 TV版では、後に俳優としても人気となる要潤や、賀集利樹らが演じる3人の主人公ライダーを軸としており(要潤が演じる氷川誠は正確にはライダーではないが、警視庁のG3システムを装着した姿はライダーと変わらない)、それぞれが持っていた多岐にわたる人間関係についても丁寧に描かれていた。だが、小説版では本筋に直接影響のない人物については潔く省かれている。

 また、戦闘シーンの描写も大変あっさりした部分が多い。超能力者、またはその兆候が見られる人物を狙って殺害する「アンノウン」に対して、アギトが登場して倒すまでが、文字にしてわずか数行なんてことも!

 さらに、物語の視点が、ライダーよりもむしろ、ヒロインの風谷真魚の方に比重が置かれているのも大きな特徴だ。ちなみに、TV本編で真魚を演じたのは、後に「オシリーナ」の愛称で知られるようになるグラビアアイドル・秋山莉奈。彼女が15歳のときに好演しており、それが以後の人気の出発点となっている。

 そのほかにも、『仮面ライダーアギト』の小説版には、細かいところでTV本編とは設定が異なる部分が存在しており、ある意味、元のストーリーの知識の有無に関係なく、新鮮な気持ちで楽しめることを示していると言えるだろう。

 また、5月に発売されたばかりのシリーズ6作目『仮面ライダー響鬼』(きだつよし:著、石ノ森章太郎:原著/講談社)に至っては、TV本編とは完全に別物のストーリーになっている。まず、時代設定が現代ではなく江戸時代なのだ。それを知らずに、いきなりページを捲り始めたら、ちょっとビックリすることになるはずだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング