四季賞作家・中川貴賀氏 初単行本が169P無料公開!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年6月14日 0時0分

写真

『ほしにねがいを』(中川貴賀/講談社)

 講談社は、漫画家・中川貴賀氏の新刊『ほしにねがいを』刊行記念として、発売前に同作の169ページ無料公開企画を実施する。中川氏は、アフタヌーン編集部が主催する新人漫画賞である四季賞受賞作家で、同作が初の単行本となる。

関連情報を含む記事はこちら

 無料公開の期間は、単行本の発売日2013年6月21日(金)の1週間前の本日6月14日(金)から発売前の6月20日(木)までとなっており、期間限定で169ページが無料試し読みできる。四季賞作家・中川貴賀氏の力作を発売前に一気にチェックできる絶好の機会となっている。

 なお、電子書籍版も紙のコミックの発売日と同日に配信されるということだ。

 この企画は、『モテキ』(久保ミツロウ)や『逮捕しちゃうぞ』(藤島康介)といった人気作品の「アンコール連載」などで話題の『モーニング』、『アフタヌーン』、『イブニング』3誌の合同WEBコミックサイト「モアイ」にて実施される。また、30を超える電子書店でも同様に『ほしにねがいを』の試し読み大増量版を発売前に公開する。


●『ほしにねがいを』作品紹介  
高校生・藤木輝は夏休みに入った日、祖父に呼びだされ、隕石の落下地点に行くことになった。その目的は星を人に変えることだと祖父は言う。人に変えた星は願いを叶えてくれるというのだが、輝も香夜も、すぐには信じる事ができない。だが、目の前で隕石が人になるのを見て、輝も香夜も、祖父の話が本当のことだと、信じるようになる。その日から、さまざまな星たちが輝と香夜の前に現れ、星たちとの出会いが輝たちに深い影響を与えていく…。


(ダ・ヴィンチ電子ナビより)

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング