男子校だけど女の子と恋愛する方法とは

ダ・ヴィンチニュース / 2013年6月14日 11時30分

写真

『俺と彼女のラブコメが全力で黒歴史』(柑橘ゆすら:著、パセリ:イラスト/ホビージャパン)

男子校に通っている人のなかには、女子との出会いのなさに嘆く人も多いのでは? 確かに出会うチャンスは少ないかもしれないが、女子校の文化祭に行ったり、友達のツテを借りたり、ナンパしたりすれば、可能性がないわけではない。でも、ほとんど女子と話したこともない人がいきなりナンパなんてできないし、直接アドレスを聞けるなら苦労しないだろう。

関連情報を含む記事はこちら

 5月31日に発された『俺と彼女のラブコメが全力で黒歴史』(柑橘ゆすら:著、パセリ:イラスト/ホビージャパン)にも、同じように女子との出会いがない男子校生徒たちが登場する。しかし、彼らは女の子と知り合う方法を全力で模索。主人公の黒須龍騎と、その友人で女子に対する免疫0の変態・成宮陽平、同じく龍騎の友人で、見た目はどう見ても女の子にしか見えないほどかわいらしい嵐水日向の3人は、女子と出会うためにいろんな作戦を考えて実行するのだ。

 まず陽平がとったのは、「目指せアドレス百人ゲット! 通過流通大作戦」。これは、自分の連絡先を書いた千円札を近所のコンビニで使うというもの。広く世の中に流通しているものだから、多くの人の手に渡ると考えたのだろう。しかし、汚れたお札は回収されてしまうので、この作戦はあえなく失敗。でも、この大胆さと発想力があればもっとうまい方法が見つかったかも?

 次に龍騎がとったのは、「目指せ金髪美女ゲット! ドキドキ風船☆大作戦」だ。数十個の風船に自分の携帯番号とアドレスを添付し、自宅の窓から飛ばすというものだが、意外にもこの作戦がいい結果をもたらす。さすがに金髪美女のいる海外までは届かなかったが、なんとこの作戦のおかげで龍騎は2人の女の子と出会うことに成功するのだ。1人目はからかい目的だったが、もう1人はお嬢様学校の金髪美女・東雲ササラ。1人目の相手にメールの内容や連絡先までネットに公開されてしまうが、そのおかげでササラと出会うことができたし、せっかくもらった連絡先が雨で判読不可能になってもササラと連絡をとることができたのだ。おまけに、彼女の頼みでササラの友達も呼んで合コンを開くことになる。友達のツテも女の子に声をかける勇気もなさかった彼らが、合コンを開けるなんてまさに奇跡。

 そして、ここにきて効果を発揮したのが日向の「目指せプルプル卵肌! 女子力アップ大作戦」。そのために、毎晩卵の白身を泡立てたものを肌に塗り込んでいた日向。なぜここでそれが効果を発揮したかというと、合コン相手に可愛系の男の子に目がなさい女の子がいたから。「女子大生のお姉さんから逆ナン」はされなかったが、女の子の好みのタイプなんてさまざまだし、もともと見た目がかわいらしい感じの男の子ならかわいらしさに磨きをかけてみるのも意外と効果があるかも。

 なんだかかなり遠回しな気もするが、何も行動しないよりは何かしら試してみる価値はある。実際に出会えるかどうかはともかく、ただ空想にふけって諦めるより、彼らのように具体的な方法を考え合った方がまだ可能性は広がるはず。ただし、これらの作戦をマネするときはくれぐれも自己責任でお願いします。

文=小里樹
(ダ・ヴィンチ電子ナビより)

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング