ひよっちが奈々様と真っ向勝負! 『シンフォギアG』を熱血解説!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年7月19日 17時30分

写真

今後も目が離せない第2期『戦姫絶唱シンフォギアG』

 2012年にオンエアされた第1期から約1年、いよいよ7月から第2期がスタートした『戦姫絶唱シンフォギアG』。今回は、未見のあなたに『シンフォギア』の魅力をレクチャー。少々熱が入って暑苦しい解説だが、最後まで付いて来ていただきたい!

もっと詳しい情報はこちら

【シンフォギアとは何か? 第1期プレイバック】
 近未来の日本では、人間を襲う謎の物体「ノイズ」に対抗して特異災害対策機動部が設置されていた。通常兵器が通用しないノイズに唯一対抗出来るのは、聖遺物から作られたアーマーである「シンフォギアシステム」を装着出来るシンフォギア装者のみであった。

 防人(さきもり)として育てられ、次元をまたがる存在であるノイズを歌の力によって「調律」し、殲滅する少女・風鳴 翼(かざなりつばさ/CV:水樹奈々)。その盟友で、最後の力を振り絞った「絶唱」で襲いかかるノイズを倒すも、自らの命を落とした天羽 奏(あもうかなで/CV:高山みなみ)。

 奏に助けられ一命を取り留め、その際に奏の持っていた聖遺物「ガングニール」の破片を胸で受け、新たな装者となった立花 響(たちばなひびき/CV:悠木碧)。ノイズを操る敵「フィーユ」の手先として現れるも、フィーユから見捨てられ孤独な闘いを続ける雪音クリス(ゆきねクリス/CV:高垣彩陽)。

 そんな少女たちの戦いを描いた第1期『シンフォギア』。響、翼、クリスの3人と、フィーユとの最終決戦「ルナアタック」から3カ月、人類に新たな脅威が迫っていた…。シンフォギア装者3人の目の前にあらわれた、黒いガングニールを身にまとう少女・マリア・カデンツァヴナ・イヴ(CV:日笠陽子)とその仲間、月読 調(つくよみ しらべ/CV:南條愛乃)、暁 切歌(あかつききりか/CV:茅野愛)。かつて倒したはずの「フィーユ」を名乗る彼女たちの目的は!? 第2期『シンフォギアG』はここから始まる!


【歌いながら戦う戦闘少女たち!】
 『シンフォギア』の一番の魅力といえば、なんといっても多彩な主題歌&劇中歌。いままでも『けいおん』の様にライヴシーンがあったり、「マクロス」シリーズの様に歌と戦闘シーンを組み合わせたものもあったが、『シンフォギア』の場合、メインの戦う少女キャラ全員が、なんと敵も味方も常に歌いながらのバトル!
 しかも、戦闘中に歌われる各挿入歌は、その都度アフレコの際に完成した画面を見ながら歌っているため、戦闘時のシチュエーションにぴったりなタイミング&感情の入り具合なのだ。既成の楽曲を上からただかぶせるのと違い、必然的にキャストの皆さんのテンションも上がり、必殺技を決める時のカタルシスなど、もの凄いものがある!

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング