元祖“中二病”作家の挑む新たな挑戦とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月7日 20時0分

写真

『キマイラ9 玄象変』(夢枕獏:著、寺田克也:イラスト/朝日新聞出版)

 ライトノベルやアニメなどではすっかり定着したワードとなった“中二病”。中二病設定の作品には、自分には何か特別な力があって、その力が目覚めるのを封じ込められていたり、逆にその力を利用して世界を侵略しようとしたりといった展開がよく見られるが、このような設定はいつ頃から流行り始めたのだろうか?

夢枕獏氏と『キマイラ鬼骨変』の詳細はこちら

 1970~1980年代には、現在のライトノベルの源流ともいえるSF・ファンタジーの長編シリーズ小説が数多く発表されブームとなった。

 『幻魔大戦』(平井和正)、『クラッシャージョウ』(高千穂遥)、『グイン・サーガ』(栗本薫)、『吸血鬼ハンターD』(菊地秀行)など数々の作品があるが、そのひとつとして、夢枕獏の『キマイラ』シリーズも挙げられる。氏が約30年もの間連載を続けている同作品は、自分の身体のうちに“キマイラ”という驚異的な力をもつ幻獣を飼っている登場人物たちが、様々な武術をつかって争いながら成長していくという内容で、まさに「くっ…俺の中のケモノが…!」的な中二病感あふれる熱い設定が魅力的な作品なのだ。

 思えば、『陰陽師』『餓狼伝』『サイコダイバー』といったシリーズには、氏の豊富なオカルト知識や、血なまぐさいバイオレンス描写、そして刺激的なエロスなど、中高生なら誰もがはまり込む要素が満載で、そうしたストーリーや語り口に魅了された読者は少なくないはずである。実際、熱い中二病アニメ作品として有名な『天元突破グレンラガン』も、テーマについて氏の作品の影響があるということが脚本家より語られていたり、『マルドゥック・スクランブル』の冲方丁や、『境界線上のホライゾン』の川上稔も影響を受けた作家として氏の名前を挙げていたりと、やはりライトノベル、アニメにも深い影響を与えたことは間違いないだろう。

 そこで、今回、『キマイラ』の連載がニコニコ連載小説で再開されたことを記念して、本人に直接インタビューを敢行。ご本人に自らの中二病観について語っていただいた。


夢枕:「『キマイラ』を書きはじめたのは30歳頃だったんだけど、当時、自分には才能があると思っていたのに周りに認めてもらえず、鬱屈してたんだよ。女性にはモテないし、恨みつらみがたくさんあった。その怒りで突っ走るように書いてたね。10年たつとさすがに全力疾走も辛くなってきたんだけど、このシリーズだけは別格で、書いている間は中二病になるんだよ(笑)」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング