ミクのリアルな仕草や表情に注目♪ 初音ミクライブ「夏祭初音鑑」@秋葉原

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月22日 17時40分

写真

初音ミクライブ「夏祭初音鑑」を公開!

 東京・秋葉原のベルサール秋葉原にて、8月21日からの9日間、「ANGEL Project 旗揚げ公演 HATSUNE Appearance 夏祭初音鑑(なつまつりはつねかがみ)」が開催中です。

初音ミク ライブ写真をもっと見る

 このコンサートは初音ミクを立体的に映し出す特殊な上映方式で行われるもの。8月20日にはプレス・関係者向け内覧会が行われ、一足先に公演の一部が公開されました。

 「夏祭初音鑑」は江戸時代の人形浄瑠璃をモチーフにしたストーリー性のあるコンサート。満月の夜、ひとりの少女・初音ミクが月から落ちてきたら……そこから始まる物語がステージ上で展開されていきます。

 ステージに現れたミクは、まるでひとりの女の子がそこに実在するかのような存在感。くるくると変わる表情、自然に揺れる髪の毛やスカートは、それが映像だということを一瞬忘れさせるほどです。

 公演の序盤はぎこちないミクの動きも、終盤に向かうにつれだんだんとなめらかに。これは徐々にミクが人間へと近づいていっていることを表しているそう。

 今回の公演は昨年9月に八景島で行われたプレビュー公演から、映像クオリティ、演出、音響すべてを格段にパワーアップ! こだわりぬいた映像は「今日の未明まで作っていました」と福岡俊弘総合プロデューサー。中でも気を使ったのは、ミクがくるっと一回転した時にどうやってパンツを見せないようにするかということだとか。確かにあの短いスカートでパンツが見えないのは奇跡かもしれません。

 今回の公演に向けて、福岡プロデューサーは約7,000~8,000のボーカロイド曲を聴き、その中からステージのコンセプトにマッチしたものを選曲したといいます。上演される楽曲の中には、数々の「月」が登場。それを探してみるのも、ひとつの楽しみ方かもしれませんね。

 そして、月から落ちてきたミクの物語の結末は……!? ぜひ会場で実際にご覧になってください!

 「ANGEL Project 旗揚げ公演 HATSUNE Appearance 夏祭初音鑑」は、8月29日までベルサール秋葉原にて開催中。リアルでかわいすぎる初音ミクに出会いに、出かけてみませんか?


取材・文=福島槙子
(ダ・ヴィンチ電子ナビ アニメ部より)

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング