宇宙刑事ギャバン、シャリバン…、80年代のあの特撮ヒーローの知られざる秘密とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月26日 11時40分

写真

『特撮ヒーローの常識80年代篇』(東映/双葉社)

 昨年、誕生30周年を記念して復活した『宇宙刑事ギャバン』。80年代を代表する伝説のヒーローが再び見られると、喜んだ30代も多かったはず。しかし、80年代を彩る東映の特撮ヒーローはギャバンだけじゃない。そこで、8月9日に発売された『特撮ヒーローの常識80年代篇』(東映/双葉社)から、人気の特撮ヒーローたちの知られざるトリビアを紹介してみよう。

関連情報を含む記事はこちら

 みなさんは『宇宙刑事ギャバン』と『宇宙刑事シャリバン』の違いを知っているだろうか。ギャバンは銀色のメタリックなコンバットスーツに身を包んでいるが、シャリバンはメタリックレッドに輝くスタイルになった。こんなふうに、パッと見でわかるものや武器の違いはあるが、ギャバンとシャリバンでは変身の速さが格段に上がっているのだ。ギャバンの場合、身に着けるコンバットスーツを瞬間的に電送して「蒸着」するのだが、この速さが0.05秒。それに対して、シャリバンは0.001秒で蒸着できる。ギャバンの蒸着シーンですら瞬きしている間に終わってしまうので、「では蒸着プロセスをもう一度見てみよう」というナレーションのもとプレイバックする演出がなされていた。それなのに、シャリバンとの速さの違いを感じるのは当時の子どもたちにとっても至難の業だったはず。

 また、人間を超えた機械として登場した『超人機メタルダー』には、なんと人間が1人も登場せず、主人公の剣流星がメタルダーに変身するシーンすらない回がある。それが、第11話の「勇者の追撃! 天空にそそり立つ巨人!!」だ。その代りにメインとなったのが、敵であるネロス帝国。『超人機メタルダー』では、4軍団からなる巨大組織・ネロス帝国にスポットをあてたエピソードも多かったらしく、40体にも及ぶ怪人が一堂に会したり、軍団対抗で運動会を行ったりもしていた。さらに、最下級軍団員のロマンスまで描かれていたというから驚き。

 そして、宇宙から落ちてきたE.T.のペット「ペットントン」が街で騒動を巻き起こす『ペットントン』には、アグレッシプな子役が登場する。それが、ガキ大将的なポジションのガンちゃんことガン太だ。なんとこのガンちゃん、同級生のネギ太のことを愛しているという設定なのだ。ガンちゃんはどうにかネギ太に好かれようと思い、わざとケンカに負けて、悲劇のヒーローになろうとしたりもする。小学生の男の子が同性に惚れてアプローチするという話は、80年代の子どもたちにどう受け止められていたのだろう?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング