期待の声優ユニット「EMERGENCY」の小野坂昌也&小林ゆう&後藤友香里に直撃インタビュー!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月29日 17時30分

写真

左からCRAZY YU(小林ゆう)、NEW YOUNG(小野坂昌也)、DANCING YUKARI(後藤香織)

 7月26日に突如デビューが発表された、ADMユニットのEMERGENCY。ADMとはアニソンとEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)が融合した新ジャンルの音楽。そしてその伝道師であるEMERGENCYのメンバーは声優の小野坂昌也さん(NEW YOUNG)と小林ゆうさん(CRAZY YU)、そして元AAAのメンバーで新人声優の後藤友香里さん(DANCING YUKARI)という強烈な3人だ。

関連情報を含む記事はこちら

 ここ数日、立て続けにPVを公開し、アニソン界やEDM界の話題をさらっているEMERGENCY。ADMという新たなジャンルを切り開く3人に、その意気込みを伺った。

――EMERGENCYはどのように結成されたのでしょうか。

小野坂:あの「ADM 始動」の動画の通りですよ(笑)。マネージャーから「音楽をやってみないか」と言われてですね。「音楽はちゃんとした歌い手さんに任せたいから嫌だ」と最初は断りましたけど、「EDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)という新しいジャンルがあって、それをアニソンのカバー曲でやりたい」と相談されて。それで僕もこの業界でやったことのないことなら面白そうだなと思って、やることが決定しました。

次に、メンバーに女の子を入れることになったんだけど、ダンスミュージックという僕的にはまったく理解できていないジャンルの音楽だから、イメージもわかなくて困りました。ただ、僕に話を持って来るくらいだから、普通に音楽をやらされるわけがない。ワニと闘うとか(笑)。「メチャメチャアホなことをやっても怒らずにやってくれて、しかもノリがよくて一所懸命な人じゃないといけない」と思ったんです。そこで「キレキレでやってくれる(小林)ゆうちゃんはどうか、な」と(笑)。でも無理だよねってスタッフと話はしてたんですが、3日後くらいに「あ、いけました」と(笑)。あともうひとり、マネージャーから「うちの事務所に踊れる子がいる」と言われて。「踊れるってなんだよ? どの程度なんだよ」って聞いたら、「間違いなく声優業界でNo.1に踊れます!!」と言ったので、「マジかよっ!!」と。それで頼れるメンバーとして後藤さんにも加入してもらいました。

――オファーがあったときの率直な感想はいかがでしたか?

小林:元々、大好きで、尊敬している小野坂さんが音楽活動を始めるということで、ぜひお聴きしたいと思っていたんです。それがお仲間に入れていただけるという話を伺って、「こちらこそぜひよろしくお願いします」という気持ちでいっぱいでした。とにかくうれしくて大感激でしたね。

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング