ロリっ娘、ゲーマー、家事完璧……妹を選べる!? 究極の妹萌えラノベが登場!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年8月31日 7時20分

写真

『お前をお兄ちゃんにしてやろうか!?』(すぎやまリュウ:著、kakao:イラスト/メディアファクトリー)

 『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』(伏見つかさ:著、かんざきひろ:イラスト/アスキー・メディアワークス)をはじめ、“妹萌え”というジャンルが確立した現在。「自分にも妹がいたら……」と妄想したことがある人も、1人や2人じゃないはず。そんな妄想を具現化した挙句、さらにその妹を選べることにしてしまった作品まで登場した。それが、8月23日に発売された『お前をお兄ちゃんにしてやろうか!?』(すぎやまリュウ:著、kakao:イラスト/メディアファクトリー)だ。この作品では、高校1年生の陽一が血のつながった5人の「妹候補」から、1人“だけ”妹を選ぶことになる。5人の「妹候補」は、どんなタイプの妹なのだろうか?

関連情報を含む記事はこちら

 まず1人目の友美は、自分と同い年の高校1年生でなんでも勝負したがるゲーマーな女の子。髪もセミロングでサバサバとした男の子みたいな友美だが、胸のサイズはなかなかのもの。それに、ゲームの腕前を褒めただけで表情がトロンとしてきて「も、もっとほめて。にーちゃんにほめられるなんてし、あ、わ、せ」と甘えてくる。同い年の妹とは変な感じだが、自分にだけ学校とは違う一面を見せてくれるとしたらうれしいし、一緒にゲームを楽しめるなら友達感覚の仲良し兄妹になれそう。

 また、陽一のことを「兄さん」と呼ぶ2人目の妹・優希は、長い髪をポニーテールでまとめている。中学3年生で身長も170㎝くらいある彼女は、イケメンで女性恐怖症な少女。小学生のときにクラスの男子から「おんなみたいな恰好似合わないんだよ! おとこおんな!」と言われたことから、男の格好をしたり、股を広げて座るような男っぽい仕草をするようになった。しかし、心は女の子なのに女の子にモテモテになって困るようになり、女の子らしくなるために協力してほしいと陽一に頼る。それから、化粧の仕方を一緒に調べたり、かわいい下着を通信販売で選んだり、ドレスを着せてあげたりする。こんなふうに、自分好みの女の子に変えていけるなら、イケメンな妹も悪くない?

 3人目の小百合は、家事もそつなくこなす一見完璧な中学2年生の女の子。ショートカットで服装も地味目だけど、部屋に来た陽一を「いらっしゃいませ。お兄様」と迎えてくれる。でも実は、みんなに配られていた陽一のデータをまとめた冊子通りに、彼の好みの妹を演じていただけ。マニュアル通りになら何でもできるけど、想定外のことが起こるとパニクって日本語も怪しくなるし、急に「背中を流す」と言って風呂場に押し入ってきたりと、とにかくテンパってわけが分からなくなってしまうのだ。そんな彼女だけど、飼っていた九官鳥には「お兄様ができるかも!」「うれしい!」と語りかけていた。こんな健気な妹がいたら助かるだろうし、テンパってる姿を見るのも楽しそうだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング