リアル艦船の戦力を確認せよ!【週刊艦これ “特別出張編” 後編】

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月30日 18時40分

写真

「護衛艦 てるづき」をバックに海上自衛隊横須賀地方隊の方たちと記念撮影をする猫丸ちゃん(写真右)と璃波ちゃん(写真左)

前回に引き続き、【週刊艦これ】“特別出張編”では、海上自衛隊横須賀地方隊の全面協力のもと、本物の艦船に乗り込むことに成功した。

「護衛艦 てるづき」の全貌がわかる写真付きレポートはこちら

 「護衛艦 てるづき」にて、艦船の主要な見所を拝見させていただいたのが前回。しかし“提督”気取りの我々としては、ぜひチェックしておかなければならないのは、この艦船の戦力である。船団を組んで航行する際に、いかほどの活躍をしてくれるのやら……。


■艦尾には巨大な……?
 てるづきは2013年3月に就役したばかりの真新しい艦船。主なスペックは、「基準排水量5,050t、6万4000馬力のガスタービンが4機。速力は毎時30kt、約220名が乗船できる。編成は、第2護衛隊群、第6護衛隊で、種別は“汎用性護衛艦”です」とは、「てるづき」を案内してくれた応急長の鈴木伸昌1尉。「汎用護衛艦」とは、航空機・艦船・潜水艦と、あらゆるターゲットに応戦できる装備と能力を備えていることを指す。では、具体的にどのような装備を持っているのだろうか?

 まずは艦尾の方へ移動してみることに。

 ずいぶん、だだっ広く開けたエリアだ。応急長さん、ここはなんですか?

「ここは飛行甲板です。ヘリコプターの離発着に使われます」

 艦載機ではなくヘリ? と、疑問に思うかもしれないが、いまや護衛艦にヘリコプターはなくてはならない存在である。てるづきが属する第6護衛隊は、2009年に「第3次派遣海賊対処水上部隊」としてソマリアに派遣された実績がある。その際には、哨戒や救助など、艦船ではカバーできない機動力をヘリが発揮した。

よく見ると甲板に溝が刻まれている。この溝はなにかというと、ヘリコプターを格納するためのものである。艦船には、海の男だけではなく、ヘリのパイロットや整備員も乗艦しているのである。


■艦首には心強いマルチなアイテムが!
 続いて、先ほどとは反対の艦首へ移動。まず、この護衛艦がマルチともいえるゆえんのひとつ、VLSことヴァーティカル・ランチング・システムに注目したい。

 垂直発射システムとも呼ばれ、対空・対潜水艦ミサイルを発射することができる。注目すべきは、“垂直”に発射できるところだ。発射台に角度がついていないため、艦の進路や目標の方位に左右されることなく発射できるのだ。

 続いて、注目したいのはアーム。なにかというと、「127ミリ単装速射砲」、いわゆる大砲である。127ミリといわれても、ピンとこない人のために、実物大の砲弾を見せてくれた。最大射程は24kmもある。航空機・潜水艦にも対応できる。

ダ・ヴィンチニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング