破天荒で枯淡な人生、やなせたかしの「希望のありか」の秘密

ダ・ヴィンチニュース / 2013年10月31日 12時0分

写真

『人生なんて夢だけど』(やなせたかし/フレーベル館)

  新宿は四谷3丁目にある、アンパンマンショップ。お店の入り口で両手を広げて元気に立つ、アンパンマンが目印だ。1階のショップはやなせたかし氏の直営店。そのビルに、かつて自分が勤務していた会社も入居していた。私たちは勝手に「アンパンマンビル」と呼び、雨の日も風の日も、アンパンマンを見ながら出社した。

関連情報を含む記事はこちら

 ショップの窓にはやなせ氏が書く「今月の言葉」が毎月貼り出され、出社するたび、出先から会社へ戻るたび、その言葉を見るとはなしに眺めていた。やなせ氏が作詞したアンパンマンのマーチ「そうだ うれしいんだ 生きるよろこび たとえ胸の傷がいたんでも」の歌詞のように、ときに心の奥底に響く言葉であり、アンパンマンビルで過ごした何年間かは「今月の言葉」に励まされていたような気がしている。

 訃報を知り、ショップに行ってみると、窓には「元気ですので ご安心ください」と「10月の言葉」が。お店の方に「自伝的な本」を尋ねてみると、この2冊を勧めてくれた。

『何のために生まれてきたの? 希望のありか』(やなせたかし/PHP研究所)。人物ドキュメント番組『100年インタビュー』(NHKBSプレミアム)をもとに原稿を作成、単行本化。最後まで自身の生きる意味を見つめていらした、著者らしいタイトルだ。

 本の冒頭で語られるように、番組収録時は93歳。目や耳が悪くなり、がんを患い腎臓は片方だけ、すい臓は1/3を切除。胆のうもなく、腸閉塞で腸を45㎝切り、心臓にはペースメーカーが入っているという壮絶な状態だ。しかし、そうとは思えないほど前向きな言葉がつまっている。心に残る言葉はたくさんあるが、特に印象的なものをご紹介しよう。

「現在と未来しかないの。
そうすると、現在とその未来を
なるべく楽しく、なるべく面白く、生きたほうがいいんです。
過去のことを、いくら考えてもしょうがない」

 引退したいと思った矢先に東日本大震災が起こり、引退を先延ばしにした。病気は、一病ではなく十三病くらいあるけれど、生きてる間はなるべく元気に、楽しく暮らしたいから、あくまで前向きに考える。倒れるのなら、前のめりに倒れたい。

「年をとったら、
おしゃれをすることは、とてもいいことです。
気持ちがシャンとするから」

 派手な服は、気持ちがシャンとしていないと着られない。おしゃれは気力。「もし、親子連れに写真を撮ろうと言われたとき、しょんぼりしたおじいちゃんに見えないように」と読者を気遣う心優しい配慮の人。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング