初激白! ガンダムの“名脇役”ブライト艦長の心の叫びが明らかに!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月5日 15時10分

写真

『機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男』(福井晴敏・葛木ヒヨン/角川書店)

 『機動戦士ガンダム』をはじめとしたガンダムシリーズにおいて、名艦長と名高い人物が、ブライト・ノア。ガンダムシリーズには欠かせないキャラクターだが、当たり前の話、主人公ではないので、スポットライトがなかなか当たらず、いわば縁の下の力持ち的な存在としてファンも認知していることと思う。

関連情報を含む記事はこちら

 だが、とうとう、そんな彼にスポットライトの当たるときがきたのである。コミカライズという形ではあるものの、一冊丸っとブライトづくし。そのタイトルは『機動戦士ガンダムUC 虹にのれなかった男』(福井晴敏・葛木ヒヨン/角川書店)だ。シナリオは、『終戦のローレライ』『亡国のイージス』『人類資金』、そして『機動戦士ガンダムUC』の作者、福井晴敏が担当している。これが期待せずにいられるだろうか。いったいぜんたい、どのような内容になっているかとページをめくれば、いきなりブライトが連邦政府の高官に呼ばれて聴聞にかけられているところからスタートしているだと……。

 物語の時系列は『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』の直後で、ブライトには国家騒乱罪の嫌疑がかけられているのだ。彼に容疑をかけるとは連邦政府の腐敗、ここに極まれりといったところ。ブライトは連邦政府の高官たちの質問を受けながら回想する。出会ってきたニュータイプの少年たちのこと、そして彼らと駆け抜けた戦乱の時間を……。そう、この作品には、初代ガンダム、Z、ZZ、逆襲のシャアといった数々の戦争の裏側でブライトが何を思っていたのかが描かれているのである。たとえば初代ガンダムでの名セリフ「親父にもぶたれたことないのに!」が生まれたシーン。アムロ・レイを叩いた後にブライトは一喝する。「それが甘ったれなんだ! 殴られもせずに一人前になったやつがどこにいるか!」と。しかしその後彼は、廊下でひとり、壁を叩きながら「余裕がなかった 艦を守るのに必死で」と述懐する。そう、総人口の半分を失った一年戦争では、どこも常に人手不足。ブライト自身も軍に入ってわずか6カ月の、19才になる士官候補生にすぎなかったのだ。いわば“ひよっ子”である。それにも関わらず前線に駆り出され、果ては艦長という役職に就かされてしまう。ゆえに必死だったのだろう。艦のクルーだけでなく、視聴者にとっても頼れる存在に映っていた彼は、じつはというか、やはりというか、裏では苦悩するひとりの人間だったのである。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング