「意識高い系(笑)」の人たちから(笑)がとれる日はくるのか?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月26日 11時30分

写真

『「意識高い系」という病 ソーシャル時代にはびこるバカヤロー』(ベストセラーズ)

 「もう国や行政にしがみついてはいけない。新しい日本を作ろう!」 社会を変えたいというツイートを毎日呟いては周囲に冷ややかな目で見られる学生を見かけたことはないだろうか。彼らのような学生は「意識の高い学生」と呼ばれている。自分と日本の未来について考えるその姿勢は一見素晴らしいものであるが、あまりにも前のめりに取り組んでいる姿は時に滑稽な印象を与え、ネット上では「意識の高い学生(笑)」として、嘲笑う対象として見られている。彼らは何故意識の高い言動を繰り返すのだろうか。何故、彼らは痛々しいのだろうか。

関連情報を含む記事はこちら

 人材コンサルタントである常見陽平著『「意識高い系」という病 ソーシャル時代にはびこるバカヤロー』(ベストセラーズ)は、「意識の高い学生(笑)」の特徴と彼らを生み出す社会情勢について切り込んでいる。常見が初めて「意識の高い学生」という言葉を聞いたのは、2000年代半ばのことだという。その時は、「成長意欲の高い」「学生生活が充実している」など文字通りの意味だったようだが、2008年秋のリーマンショックにより、就職をめぐる環境が一変したことで、学生達にも変化が見られるようになったようだ。求人環境が厳しくなる度に就活支援をする学生団体などが次々と立ち上がり、就活生はそれまで以上に真摯に就活に取り組むようになってきた。そして、丁度この頃、TwitterやFacebookといったSNSが日本でも普及し始める。SNSが就活にとっても重要なアイテムとなったことで、学生達が自分の就職を有利にするため手軽に自らの意識の高さをアピールするようになったらしい。

 「総合商社、コンサル志望/10代までアメリカ、シンガポール育ち/慶應義塾大学3年/三木谷浩史氏と孫正義に心酔(2人とも会ったことあり) /FC東京好き/ 学生団体○○代表/TOEIC950点/ビジョナリーカンパニー2、ドラッカーを愛読/フォローリムーブご自由に」

 これは本書で扱われていた、「意識高い学生(笑)」のTwitterのプロフィールの一例である。事実の羅列ともいえるし、ほとんど詐称はないのだろうが、「意識高い学生(笑)」のプロフィールはこのように巧妙に盛られている。TOEICの点数など、わざわざ書かなくても良い内容を多く書き、自分を大きく見せようとしている。そして、このようなアカウントで毎日意識の高い発言を連発するのだが、著者にいわせれば、その名言も他人の受け売りであることが多いらしい。「キュレーション」の名のもとに、他人の記事を紹介したり、引用したりすることで自らをアピールする者がいることを指摘している。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング