著者は本人! ウルトラマンタロウが語る、「昭和の時代」と「ウルトラ兄弟」が深い!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年11月26日 11時30分

写真

『ウルトラマンの愛した日本』(ウルトラマンタロウ:著、和智正喜:訳/宝島社)

 円谷プロ創立50周年の今年、様々なウルトラ関連出版物が刊行されているが、その中でも異色の1冊が書店に並んだ。

関連情報を含む記事はこちら

 『ウルトラマンの愛した日本』(ウルトラマンタロウ:著、和智正喜:訳/宝島社)だ。

 ウルトラマンって「空想特撮番組でしょ?」と茶々を入れるあなたは何も分かっていない。ウルトラマンシリーズという番組は、ウルトラマンたちの関わった怪獣や宇宙人がらみの事件の「映像アーカイブ」であり、「光の国」と「地球政府」の間で約束が交わされた範囲でのみ、僕たち地球人に公開されている映像の一部に過ぎないのだ。

 初代ウルトラマンと地球人との遭遇から始まったウルトラシリーズの歴史において、著者であるウルトラマンタロウは6番目の来訪者だ。(ウルトラマン、ゾフィー、セブン、新マン、エース……厳密にはセブン上司やウルトラの父なんかもいるので、8番目だけど)

 本書は、タロウが映像アーカイブを見ながら、『ウルトラマンのいた時代』を振り返っていく形の一人称で描かれている。

 タロウにとって、映像アーカイブには2つの見所がある。

(1)ウルトラ戦士としての戦い方の資料
(2)日本の時代を読み取る資料

(1)でウルトラシリーズを振り返りつつ(2)の視点で日本を見直すと、何度も目にした『ウルトラマン』のテレビ映像に、新たな発見があるのだ。

 例えば、第1章の2「ゴモラと団地と働く女性」での一節。

「映像アーカイブでは、ゴモラが日本に来る過程と交互に、(怪獣大好きな)治少年の住む団地の様子が描写される。今の君たちの目からすると、決して広い間取りではないし、ささやかな暮らしのように見えるかもしれない。だが当時は違ったんだ」(本文より引用)

 1950~60年代=昭和30年代において、それまでの日本家屋とは異なり、機能性が高められた「団地暮らしは憧れだった」と、タロウは語る。

 なるほど、映像を見返すと、本書にある「ダイニングキッチン、内風呂、水洗トイレ、ベランダ」などに加え、大きな学習机、その壁にかけられたラジコン飛行機、朝食にパンをかじるお父さん、紅茶(コーヒー?)を淹れるお母さん──団地が憧れの空間であることがよくわかる。

 それだけではない。タロウという日本人的な名前を持つ著者だけに、その考察はなかなかに深い。

 高度成長期を迎え、万博へと続く未来や科学への期待感に満ちた幸福な日本において、初代ウルトラマンが数多く戦ったのは「怪獣」という「災害」であったのに対し、「ウルトラセブン」が戦った相手のほとんどが「侵略宇宙人」だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング