『夜桜四重奏』初心者に送る鑑賞ガイド!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月6日 18時0分

写真

TVアニメ『夜桜四重奏 ~ハナノウタ~』

 群雄割拠の秋クール・テレビアニメも、いよいよクライマックスに差し掛かろうとしている。今回はその中から一本、ヤスダスズヒトの人気コミックを原作とする『夜桜四重奏 ~ハナノウタ~』を取り上げ、今シリーズだけでは分かりにくい作品の成り立ちについて解説しよう!

画像付きのもっと詳しい情報はこちら

【はじめに】
 ライトノベル界の大ヒット作『デュラララ!!』のイラストを手がけ、一躍ブレイクしたヤスダスズヒト。その画風はシャープで清潔感がありつつ、とにかく女子の可愛さ(特におっぱい~ちっぱいまでバストの柔らか描写、ぷにぷに加減)は他の追随を許さない。

 そんな人気絵師ヤスダスズヒト初のオリジナル長編漫画が『夜桜四重奏』だ。人間と妖怪が共存する町を舞台に、ちょっと不思議な日常コメディと緊迫感溢れるバトルを織り交ぜた本作。セーラー服からナースにシスター、スク水にケモノ耳と、出し惜しみの無い女性キャラに、シスコン眼鏡男子からシブめのおじさん、ショタ神様まで取り揃えた男性キャラと、隙のない布陣は男女幅広い層から支持を得ている鉄板ぶりだ。


【ここで簡単な設定&ストーリーのおさらい!】
 舞台は7本の巨大な桜の木に囲まれた、桜新町。ここは世界で唯一、人間と妖怪が暮らす町。

 妖怪とは、本来ここ人間界とは次元の違う世界に住んでいるはずが、何らかの原因でこの世に現れてしまった者たち。そんな妖怪を、向こうの次元に送る能力が、桜新町・比泉家の頭首に代々伝わる能力「調律(チューニング)」。その精度を上げるために立てられたのが、町をぐるっと囲む7本の桜の巨木「七郷」である。

 かつて比泉宗家(ひいずみそうけ)は、2つの世界を結ぶ回路を開くべく、分家の7人を調律し向こうの世界に送った(とされる)。その後、こちらへと送られて来たのが七郷(ななごう)である。桜でありながら花を付けぬこの巨木は、2つの世界にまたがって存在しており、これをガイドとする事によって、妖怪を安定して向こうに送ることが出来るようになった。

 これにより、各地で迫害を受けていた妖怪たちは本来あるべき世界に戻るため、桜新町を目指した。中には、町の暮らしに慣れ定住する者も現れ、いつしかにぎわいを増したこの町は、人間と妖怪が共存する世界で唯一の町となった。

 そんな町で、次々と起こる怪事件。それに立ち向かう4人の若者たち。龍の力を持つ町長のヒメ。純粋な人間ながら比泉の若き頭首で「調律」のお役目を担う、秋名(あきな)。サトリの能力を持つアオ。言霊使いで「半妖」の五十音ことは。そのほか個性豊かな町の住民が、平和を守るために活躍する物語が『夜桜四重奏』だ。
 頻発する事件の影には、比泉宗家そしてこの世界に恨みを持つ男・比泉円神(えんじん)の影が。彼はアオの兄・ギンのカラダを奪い、この世界に降臨。「七郷」の開花を早め、2つの世界の融合を企んでいる。さらに円神の元には、妖怪退治のスペシャリストである「妖怪ハンター」たちが集結。残された時間はあとわずか。桜新町、そしてこの世界の運命は!? (と、いいつつお気楽な日常も!)

ダ・ヴィンチニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング