恋と空戦の物語。2014冬アニメ『とある飛空士への恋歌』に注目しよう!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月8日 12時30分

写真

2014年1月から放送予定のアニメ『とある飛空士への恋歌』

 2014年1月から放送される新春アニメ『とある飛空士への恋歌』。2011年に劇場公開された映画『とある飛空士への追憶』の続編となる今作では、同じ時代、同じ世界を共有しながらも主人公や登場人物を新たにし、世界観の設定に厚みを加えた、より壮大なスケールの物語を展開する。

他のおすすめライトノベルを見る【画像付き】

 今回は、その小学館ガガガ文庫から出版されている原作小説『とある飛空士への恋歌』の魅力を紹介する。

1.悲劇の皇子カルエル
 物語は、圧政を敷いていたバレステロス皇国で起きた革命から始まる。立ち上がった市民たちの旗印となったのは、風を操る不思議な力を持つ巫女ニナ・ヴィエント。革命によって王政は打倒され、国王と王妃は断頭台で処刑される。すべてを奪われた第一皇子カール・ラ・イールは、片田舎の貧しい機械工の一家に引き取られる。カルエルと名前を変えた彼は、そこで優しい養父と賑やかな三姉妹と共に、騒がしくも平穏な日々を過ごす。

 それから数年後、15歳に成長したカルエルが今作の主人公。意地っ張りで自信家だが、どこか抜けていてヘタレな素顔が親しみを抱かせる少年である。義妹である勝気なアリエルといつも繰り広げる兄妹喧嘩が微笑ましい。飛空士(パイロット)への憧れと、ニナ・ヴィエントへの復讐心が、カルエルを空の旅へと誘うことになる。


2.空飛ぶ島「イスラ」
 重力に反発する「浮遊岩」という鉱物でできた浮遊島。それがイスラだ。高度2千メートルの上空に浮かぶ、表面積243平方キロメートルもの巨大な島である。斎ノ国、帝政ベナレス、バレステロス共和国の三大国家が開発計画を行い、飛空戦艦が停泊する軍港や砲台といった武装を施され、推進器や方向舵によって自律航行が可能な移動要塞だ。さらには山や湖、1万人以上の住人が生活できる居住区と商業区まで整えられた、まさに小さな国である。
 夢あふれる空飛ぶ島を舞台にした日々の暮らしが胸をときめかせる。


3.「空の果て」探索の旅
 世界中のほとんどの人々が信仰する聖アルディスタ教。その創世神話に語られる聖地が「空の果て」だ。近年、探検家ルイスが、海の上に湧き上がる「聖泉」を発見した。神話では「聖泉」の向こうに「空の果て」はある。「空の果て」は実在するのか? そうした国民たちの探究心と好奇心に国家や政府が突き動かされ、イスラ計画が持ち上がる。

 世界の真実を解き明かすため、夜空に輝く「不動星エティカ」を道標として、空飛ぶ島「イスラ」に乗り込み、人々は「空の果て」を目指す旅へと出発する。そしてイスラ管区長として就任した宿敵ニナ・ヴィエントを追いかけて、カルエルもイスラにある飛空士学校へと入学する。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング