艦これの次はロボットが擬人化!? 東映アニメ『ロボットガールズZ』の元ネタ紹介!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月10日 18時30分

写真

2014年1月スタートのアニメ『ロボットガールズZ』

 戦艦、拳銃、ゲームメーカーに城……、すでに出尽くした感もあるほど、数多くの擬人化が行なわれてきた萌え業界。しかし2014年初頭、また強烈な擬人化キャラが登場するテレビアニメが始まります。その名も『ロボットガールズZ』!

画像付きのもっと詳しい記事はこちら

 この作品で擬人化されているのは、東映が手がけてきたロボットアニメのロボット達。マジンガーZやゲッターロボといった、日本ロボット史上に残る伝説のロボット達が、なぜか美少女になって機械獣ガールズ(これは『マジンガーZ』の敵の擬人化ですね)と戦うのです。いや~、大人の本気な悪ノリって最高ですね!

 そんな『ロボットガールズZ』は1月から東映チャンネルにて放送が始まる予定ですが、すでに公式サイトやYoutube、ニコニコ動画などで超先行配信の第1話がアップされています。それを観て頂くとわかるように、本作品は“ロボットもの”と言われて想像するようなアニメとはまったく真逆の日常系ギャグコメディです。

 しかしキュートなロボットガールズ達や、彼女らの気持ちのよい動き、そして細かなネタ(町の名前やZちゃんの登場シーン、2:30辺りの爆発などなど、挙げていけばキリがありません)など見どころはたくさん! そんな本作品を楽しむには、ロボットガールズ達の元ネタを知っておくとなおよし。というわけで元ネタとともに、おもなキャラクターを紹介いたします。


★ロボットガールズチームZ

○Zちゃん(声:本多真梨子)
姉御肌タイプの熱血系少女。ロボットガールズチームZのリーダー格だけど、パートナーのふたりがエキセントリック過ぎるため、ツッコミ役にまわることも多い。

元ネタ:『マジンガーZ』マジンガーZ(放送:1972年~1974年)

言わずと知れたロボットアニメの金字塔で、鉄(くろがね)の城。Zちゃんの登場シーンのようにプールの水が割れてそこから発進する。搭乗型巨大ロボットの走りというだけでなく、ロケットパンチや女性型ロボットなど、後のロボットアニメに残した影響はあまりにも大きい。


○グレちゃん(声:水瀬いのり)

ネットゲームが趣味の皮肉屋さん。チームZの最年少でありながら、ほかのふたりにも生意気な態度を取りがち。背中が弱点で攻められると腰砕けになる。

元ネタ:『グレートマジンガー』グレートマジンガー(放送:1974年~1975年)

『マジンガーZ』の続編だが、グレートマジンガー自体は『マジンガーZ』の最終回にも登場する。ミケーネ帝国の戦闘獣との戦いで瀕死のマジンガーZを助けるシーンはロボットアニメ史上屈指の名シーン。これを考えると『ロボットガールズZ』0話で、グレちゃんが最初にZちゃんを助けるのも当然?

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング