忘年会はこれで乗り切れ! メンドウな話を右から左にスルーする技術

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月12日 11時30分

写真

『スルーする技術』(トキオ・ナレッジ/宝島社)

 いよいよ年末シーズン。お酒を飲む機会や美味しいものを食べる機会が増えて嬉しい半面、さして話したくもないひとに話しかけられたり、からまれたりして、憂鬱な気分になることも少なくないのでは?

関連情報を含む記事はこちら

 普段の飲み会はやんわり断ることができても、忘新年会に限ってはそれができない(うぅ、つらい)。予行練習も兼ね、思いつく限りの「隣りに座って失敗したと思う会社飲みキャラ」を列挙することにしてみよう。

・延々自分の武勇伝を話し続ける上司
・同じ話を毎回聞かせる上司
・愚痴か人の悪口しか言わない同僚
・不倫恋愛の悩みを唐突に吐き出し、ダラダラと話が止まらない後輩

 こうして並べただけで、なんだかウンザリ。いちいち気にするからストレスがたまるのであって、どうにかうまく交わす技術を身につける方法はないだろうか? 『スルーする技術』(トキオ・ナレッジ/宝島社)を参考に検証してみよう。

 まず、全部に対応できそうなのが“携帯電話でスルー”作戦だ。近頃は「偽電話」や「フェイク・コール」などと言った「電話がかかってきたふうを装うためのスマートフォンアプリ」が開発されていて、あらかじめ設定しておいた時間に電話をかけてくれる。「あ、ちょっと仕事の電話がかかってきてしまったみたいで…」としばらく立席して、戻ってくる際にドヤ顔で別の席に移動してしまう。これで一件落着。まさに「NO」と言えない日本人のための救世主となり得るスルー術だ。

 また、武勇伝を話し続ける上司に対しては、“壮大な長話は質問でスルー”作戦に尽きる。年配上司のヨモヤマ話につきものなのが死語の多用。「すみません、“ガチョーン”ってどういう意味ですか?」などと、カマトトぶりながら聞きなれない単語を拾って質問を。相手の気分を害することなく、上手に話の腰を折ることができる。ただし、「いいから黙って話を聞け!」などという頑固親父タイプに使ってしまうと、余計に面倒くさいことになりかねないので相手選びには細心の注意を。

 悪気なしに同じ話を何度もしてしまうリフレイン系上司には、あえての微笑スルーが有効的。何も話さず、微笑み続けることで、「こんな俺のつまらない話を黙って聞いてくれるこいつはいい奴」という印象を相手に残すのである。上司がこんなに饒舌なのは、家に帰ったところで誰からも相手にされていないからなのだな、と思えば自然と慈愛も沸いてくるもの。これぞ究極の“慈愛系スルー”だ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング