オリラジ中田、ピース又吉とオードリー若林を強く意識? 彼がすすめる大人が分かる5冊とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月12日 18時0分

写真

『東京百景』(又吉直樹/ワニブックス)

 毎月3人の旬な有名人ゲストがこだわりのある1冊を選んで紹介する、ダ・ヴィンチ本誌の巻頭人気連載『あの人と本の話』。本誌では『東京百景』をオススメしてくれたオリエンタルラジオの中田敦彦さん。だが実は直前まで迷っていたもう1冊の候補があった。「これってまさか嫁が俺に突き付けた最後通告か!?」と思って震えが走ったというそのタイトルは?

【画像あり】オリラジ中田敦彦と本のもっと詳しい内容はこちら

「『高学歴男はなぜモテないのか』。ある朝起きたら、この本が家のテーブルの上に置かれてあったんですよ。『え、何、俺への不満が書いてあるの? 何でこれ買ったの?』って焦って嫁に聞いたら、『違うよ、(著者の)犬山紙子さんと共演して貰ったの』って。『あ、そうなんだ(安心)……でも俺今日読むわ!』ってその日のうちに移動の新幹線で読んだんですね。そしたらもう色々とドンピシャで。いやもちろん自分もですけど(笑)」

 自伝的小説『芸人前夜』でも描かれているが、中田さんは慶応大経済学部出身の“高学歴男”。クイズ番組での活躍ぶりを見たことがある人も多いだろう。

「格下の男をバカにする男とか、ファッションが攻めすぎててモテない“キモイケメン”とか、具体例がね、どれもすごくわかりすぎる。これまではダメ男といえば、ギャンブル、酒、暴力みたいな基本スペックがない不良物件を指してたじゃないですか? 『だめんず・うぉ~か~』みたいな。でも今はそうじゃなくて、高スペック、物件に例えると広尾に立っている3LDKの日当たりがいいマンションなんだけど、住んでみたら傾いてたとか、トイレがすごく変な位置にあるとか、そういう嫌さ、使えない感じが書かれているのが面白い。普遍的なようでいて、実はすごく今の時代ならではの価値観なんですよね。同じ意味で『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(ジェーン・スー著 ポプラ社)も面白かった。女性目線のこの2冊、プラス、本誌で紹介させてもらった僕の『芸人前夜』とピース・又吉さんの『東京百景』、それとオードリー・若林さんの『社会人大学人見知り学部 卒業見込』を全部読めば、大人になるってどういうことなのかがすべてわかるはず! 5冊って多いですけど(笑)」

取材・文=阿部花恵

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング