「いいとも!」のノベライズ!? テレビ番組の妄想短編小説集を読んでみた

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月17日 11時30分

写真

『ノベライズ・テレビジョン』(天久聖一/河出書房新社)

 映画やテレビドラマ、アニメなどの映像原作を小説にした書籍──いわゆるノベライズ作品は、今どき珍しいモノではない。小説でしか味わえない表現や心理描写があったりして、本編とはまた異なる楽しみ方がある。

関連情報を含む記事はこちら

 だったら、「バラエティ番組やCMをノベライズしてみたら面白いんじゃない?」と出来上がったのが『ノベライズ・テレビジョン』(天久聖一/河出書房新社)だ。

テキスト系妄想メディア「ワラパッパ」にて初出となった本作は、「笑っていいとも!」や「開運! なんでも鑑定団」といった有名テレビ番組をはじめ、「発毛コンテスト」や「一発屋芸人」、果ては「ドモホルンリンクル」までも、ノベライズしてしまった(あくまでも、天久氏の妄想に基づいたフィクションです!)。

 一体どのように、これらのテレビをノベライズしたのだろうか? 独断と偏見で選んだ2作品を紹介しよう。


■「笑っていいとも!」をノベライズする

おなじみお昼の定番「笑っていいとも!」の主人公は、もちろん司会者タモリさん。その書き出しが、いきなり「いいとも」だ。

「髪、切った?」
思わず口に出し、訊いた。
(本文より引用)

 長年「いいとも」を見ている視聴者なら、一度は聞いたことがあり、けれど決して乱発されることのない、いかにもタモリさんらしいフレーズで、これが「テレフォンショッキング」冒頭のゲストのやりとりであることが分かる。

今度のドラマの役作りで切った、とはにかむゲスト女優のリアクションを見ながら「そうか、もう主演を張れるほどに成長したのか……。森田の脳裏に、はじめて彼女と出会った日の光景が、まざまざと蘇った(本文より)」と、テレフォンショッキングの会話で進むのかと思いきや、物語は予想外の方向へ進んでいく。

 ゲストに送られた「花輪」の差出人の一人、「KABA.ちゃん」。彼の名が、森田に違和感を与えるのだ。その理由は、「もう一週間連続、花輪を贈っていた」「彼はこの一週間ですでに三回、KABA.ちゃんの名を読み上げていた」からである。長年、日本の昼を守ってきた完璧主義の司会者にとって、短期間に同じ名前を三度も読み上げることは「失態」なのだ。

 そして、森田はゲストとのトークを続けながら思案する──「なぜ、自分はKABA.ちゃんの名を何度も読み上げたのか?」と。

 その果てに行き着いたのが──アメリカコンプレックス(笑)。日本の戦後はまだ終わっていないのだと、思考はあらぬ方向へと広がっていくが、森田は番組を無事に進行する。そして、その先に待っていた“笑撃”の結末とは…。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング