全世界で200万部達成! 万が一のゾンビ大発生にそなえたサバイバルガイド

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月17日 11時30分

写真

『ゾンビサバイバルガイド』(マックス・ブルックス:著、卯月音由紀:訳/エンターブレイン)

 現在、流行中の海外ドラマ『ウォーキング・デッド』をはじめ、何かと話題のゾンビ。2013年には、ゾンビが人間に恋をする『ウォーム・ボディーズ』や『ワールド・ウォーZ』などの映画も公開されたが、ゾンビ発生はいまや対岸の火事ではないことをご存じだろうか?

関連情報を含む記事はこちら

 マックス・ブルックス『ゾンビサバイバルガイド』(マックス・ブルックス:著、卯月音由紀:訳/エンターブレイン)によれば、日本でも1611年にゾンビが発生しており、「生者一党」なる秘密結社が、うめき声を上げるゾンビの首を壁に掲げた寺院を本拠地にしていた……という話があるのだ。

 と、その前に『ゾンビサバイバルガイド』とは何かと首をかしげる、危機感の足りない読者のために解説しておこう。本書は、前出『ワールド・ウォーZ』(浜野アキオ:訳/文藝春秋)の原作の著者マックス・ブルックスによる、ゾンビ襲撃から生き残るためのガイドブックだ。全世界で200万部の大ベストセラーという事実を踏まえれば、いまこの世界がどれだけの脅威にさらされているかがわかるだろう。

 さて、日本ではその後、20世紀半ばまでゾンビ大発生の記録はないというが、周辺国ではいくつもの発生記録が残されている。もっとも新しい記録は、2002年。アメリカ領ヴァージン諸島のセント・トーマス島でのこと。ゾンビの頭を射撃した男は、のちに消息を絶っている。

 11年間、何もなかったではないかなどと言ってはいけない。Amazonの日本人のレビューにも、「近所でゾンビが沸いてしまったので重宝している」「基本的なことに過ぎない。もっと実践的なガイドがほしい」との声が並んでいる。

 本書にある世界のゾンビ発生記を一読すればわかるとおり、一度ゾンビが発生すれば「物理的な距離など、抑制力にはならない」。人間にあふれかえった地球とは、つまりゾンビが次々に生まれる環境だ。栄養素としてでなく本能的に人間を獲物とするゾンビが発生したら最後、私たちにはゾンビになるか生き延びるか、どちらかの道しか残されていないのだ。

 本書は、第1章「不死者:伝説と真実」から幕を開ける。まずゾンビという生命体がいかにして生まれ、どんな性質を持っているかが説明されるのだ。いまだ調査中ではあるものの、歩く屍者を生むのは「ソラニュウム」というウィルスだ。これに感染すると、体の痛みや変色、発熱、痙攣などを経て、20時間後には心停止、脳波の停止を迎える。そして23時間後、蘇生。こうして生まれるのがゾンビだ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング