40歳以上の8割が将来要介護に? 新たな国民病「ロコモティブシンドローム」

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月18日 11時30分

写真

『姿勢を変えて、ロコモ対策超入門』(中野ジェームズ修一/扶桑社)

 「メタボ」に続く、新たな国民病として注目されている「ロコモティブシンドローム(運動器症候群)」、略して「ロコモ」。これは筋肉や関節、骨などの「運動器」が衰えることで、日常生活の動作がスムーズにできなくなり、要介護のリスクが高まる状態のことを指す。

関連情報を含む記事はこちら

 「介護」と聞くと、つい祖父母や両親を思い浮かべがちだが、実はコレが大間違い! なんと要介護になるか、ならないかの分岐点は「40歳からの生活」にあるのだそう! というのも、40代からゆっくりと、でも確実に運動器の低下が始まるためだ。現在、「ロコモ」とその予備軍にあたる人は全国に4700万人といわれ、運動器の低下を意識することなく生活を続けていると、40歳以上の5人に4人が将来は要介護になる恐れがあるという。

 椅子から立ち上がるだけで膝が痛い。膝が痛いから歩けない。どんどん足腰が弱って、気がつけば寝たきりに…なんて恐ろしいことにならないためにも、さっそくロコモ予防を始めたい! でも、いったいどうすればいいのか。クルム伊達公子選手や福原愛選手などの指導もつとめたフィジカルトレーナー・中野ジェームズ修一さんの指南書『姿勢を変えて、ロコモ対策超入門』(扶桑社)をひもといてみよう!

 まずは、本書に収録された「ロコモ度チェック」で、自分の体の状態をチェック。下記の項目にひとつでも当てはまればロコモ予備軍だ。

1、家の中でつまずいたり滑ったりする
2、階段を上がるのに手すりが必要である
3、15分くらい続けて歩くことができない
4、横断歩道を青信号で渡り切れない
5、片足立ちで靴下がはけなくなった
6、2kg程度の買い物をして持ち帰るのが困難である(1リットルの牛乳パック2個程度)
7、家のやや重い仕事が困難である(掃除機の使用、布団の上げ下ろしなど)

 また、“老人姿勢”(膝が曲がり、がに股気味で猫背になっている姿勢)をとりがちな人も要注意。「(老人姿勢になっている)若い女性を見かけることも多く、彼女たちが中高年になったときに健康でいられるかが気がかりです」と中野先生。耳が痛い! そしてコワイ!

「ロコモになってしまう大きな要因は筋力の低下にあります。そして、その筋力の低下が如実にわかるのが“姿勢”です。(中略)じつは、姿勢の悪い人が正しい姿勢をとっても、長時間それを維持するのは無理なのです。その理由は、筋力が低下しているから。筋力が低下して体の土台が崩れ、バランスを失っているから姿勢が悪くなるのです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング