今年もお世話になりました! 2013年、胸囲のおっぱいキャラランキング!

ダ・ヴィンチニュース / 2013年12月31日 11時20分

写真

琴浦さん 琴浦春香おっぱいマウスパッド 現実&妄想セット@ホビーストック

 みなさん、おっぱいは好きですか!? 先日、マンガ家の八谷美幸先生はこうツイートしました。「最初におっぱいとか言い出した人すごいと思う。おっぱいって言葉の 柔らかいながらもちょっと跳ね返ってくる感がある、優しい中にも厳しさがある 感じ 好きなんだよなあ。」(※八谷先生は女性です)。そう、おっぱいという言葉のなんと甘美な響き! おっぱいはもうそれだけで素晴らしいものなのです、愛でられるべきものなのです。

おっぱいキャラたちの画像付き記事はこちら

 翻って今年のアニメを振り返ってみるに、例年にも増してステキなおっぱいばかりでした。大きなおっぱい、小さなおっぱい、立派なおっぱい、恥ずかしがりなおっぱい……みなさんも目をつぶれば、色んなキャラクターのおっぱいが蘇るはずです。え、そうでもない? そんなムッツリな人達向けに、筆者が独断と偏見による今年のステキおっぱいランキングをお届けします!

●第5位:“ミス・シリコン”麗華堂絢女(『俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している』より)
 何かにつけてその爆乳を揺らす、超が付くほど女王様キャラ。“乳の五位(レベルファイブ)”“貧乳殺し(ナイチチブレイカー)”と呼ばれる……ものの、実はそのおっぱいはシリコン入り。それを主人公の奏に気付かれた場面のリアクションが非常にかわいかったですね。

●第4位:“固そう”ミカサ・アッカーマン(『進撃の巨人』より)
 ご存知、2013年を代表するアニメのヒロインです。本編を観る限りおっぱいはそれなりにあるようですが、どうしても割れに割れた腹筋のせいで、おっぱいまで固そうに見えますね。こんな個性を持ったキャラクターはほかにいないので、4位にランクイン! 同じく身体を鍛えているであろう『世界でいちばん強くなりたい!』のキャラクターは十分に柔らかそうなのですけど。

●第3位:“This is ロリ巨乳”大江奏(『ちはやふる2』より)
 翠北かるた会所属の、和服を愛する高校2年生。上の画像だと年齢なりに見えますが、対戦校の巨乳好きによると推定Hカップ。このロリ顔でけしからん! 本人も自分のおっぱいには自覚があり、「ボインが動くには着物が一番なの」という迷言も残しています。ちなみに『銀河機攻隊 マジェスティックプリンス』のイリエ・タマキも似たような体型ですが、やはり彼女はザンネン5なので、今回は奏ちゃんで!

●第2位:“ベストオブつるぺた”琴浦春香(『琴浦さん』より)
 2013年の“ちっぱい”派も群雄割拠の様相を呈していましたが、ひとり代表として選ぶならESP研の彼女でしょう! 他人の心を読むという能力のせいで幼少期から周囲に疎まれ、心を閉ざし気味だった彼女が主人公の真鍋により少しずつ心を開く(そしてエロ妄想に晒され続け、恥じらう)姿はかなり高得点。また今年のおっぱい話をするのに、6話で使用されたエンディングテーマ『つるぺた』は欠かませんよね!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング