飲み会で使える雑学&雑談知識!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月6日 13時10分

写真

『誰かに教えたくなるアレの名前』(別冊宝島編集部/宝島社)

 飲み会を制するものは世界を制する。飲み会の盛り上げ役は会社での評判も良いし、何よりモテる。とはいえ、気の置けない仲間達との飲み会は楽しいが、気を使う場面も少なくない。どんな話をすればその場は温まるだろうか。

関連情報を含む記事はこちら

 『誰かに教えたくなるアレの名前』(別冊宝島編集部/宝島社)は146個の雑学ネタを紹介した、宴会で雑学のひとつでも披露したいというアナタにぴったりの1冊といえるだろう。例えば、スーパーのお刺身の下に敷いてある紙は「ドラキュラマット」。本屋に長時間いるとトイレに行きたくなる現象は「青木まりこ現象」。明日試験なのに、部屋の掃除を始めてしまう現象は「行動的セルフ・ハンディキャッピング」といい、点が「∵」と3つ並んでいると、顔に見える現象を「シミュラクラ現象」というらしい。

 思いもよらないモノについた名前の奥深き世界をその由来とともに知れば、雑学の引き出しは格段に増えるだろう。だが、いざという時にその引き出しがすぐに開けられるとは限らない。どうやって話を切り出したら良いか分からないという者も少なくはないだろう。いきなり「ニワトリのアゴについてる赤い奴は“肉だれ”っていうんだ」と語り出すのもオカシイし、「ドラキュラマット」をいきなりペロンと出して語りだすのもナンセンスに思える。一体どうすればスムーズに色んな人と自然に雑談をすることができるのだろうか。

 斎藤孝著『雑談力が上がる話し方 30秒でうちとける会話のルール』(ダイヤモンド社)では、雑談がうまくなるコツを伝授している。雑談の基本は「中身のない」こと。斎藤によれば、人間関係を円滑にする土台のような役割を担っているという。雑談の基本は相手の話を否定せず、肯定すること。悩んだら、まず「ほめる」と良いらしい。そして、次々と「そういえば」で連想して話題をコロコロ変えることが大切だ。別の世代に人気の情報も仕入れ、雑談のネタを豊富にすると良いが無理に相手に合わせる必要はない。斎藤によれば、特に年配者は皆若者の話を聞きたがっているというのだから、若い人も無理して話題を合わせるのではなく、普段から気になっていることを素直に話せば良いのだという。何を話さなければいいかわからない、話に自信がないという人は、何かしら自分なりのコミュニケーションツールを用意するのも有効な手段となる。例えば、携帯電話にユニークなストラップをつけるのもいい。待受画面に凝ってみるのも良いという。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング