待望の『咲-Saki-全国編』がスタート! そのアフレコ現場に潜入!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月6日 18時20分

写真

左上から伊藤静さん、釘宮理恵さん、小清水亜美さん、白石涼子さん、左下から内田真礼さん、植田佳奈さん、大原さやかさん

 現在「ヤングガンガン」にて連載中の『咲-Saki』のTVアニメ化第3弾、『咲-Saki-全国編』が2014年1月からテレビ放送スタート! 当取材班は、そのアフレコ現場にお邪魔して、『全国編』アニメ化への意気込みを主演キャスト陣にうかがってきたのでレポートしよう。

作品の詳細や関連情報を含む記事はこちら

 TVアニメ『咲-Saki-』は、2009年に2クール、そして2012年4月にはスピンオフ漫画『咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A』もアニメ化されており、1月よりスタートする『咲-Saki-全国編』はアニメ第3弾となる。

 今回は『全国編』ということで、これまでの清澄高校メンバーに加え、鹿児島代表の永水女子高校や岩手県代表の宮守女子高校など新たな学校も登場し、さらに魅力的なキャラクターたちが増えることとなる。

 そんな『咲-Saki-全国編』のアフレコ現場では、恒例となっているロビーでの麻雀講習会も開かれており、わきあいあいとした雰囲気で収録は進んでいる様子。

 清澄高校の宮永 咲(みやながさき)役の植田佳奈さん、原村 和(はらむらのどか)役の小清水亜美さん、片岡優希(かたおかゆうき)役の釘宮理恵さん、染谷まこ(そめやまこ)役の白石涼子さん、竹井 久(たけい ひさ)役の伊藤静さん、そして今回より登場する新キャラクター、永水女子の石戸 霞(いわとかすみ)役の大原さやかさんと、岩手県代表の宮守女子高校の姉帯豊音(あねたいとよね)役の内田真礼さんにお話をうかがった。


――まずはご自身の演じたキャラクターについて押してください。

植田佳奈さん(宮永 咲役):
咲は麻雀を打つ以外はドジで泣き虫で、普段はほとんど取り柄のない子なんですが、嶺上開花や強運を持っていたり、本当に麻雀の神様に愛されている女の子だなと思います。今回の『全国編』ではお姉ちゃんの照に立ち向かうために頑張っています。

小清水亜美さん(原村 和役):
和はデジタル打ちという打ち方で、コンピューターのような緻密な麻雀を打つのが特徴の女の子です。『全国編』に入って髪型がリニューアルしていたりします。
『阿知賀編』のメンバーとは、過去に同じ小学校、中学校に通っていたことがあり、『全国編』で穏乃(CV:悠木碧)たちと出会うことになるので、どう進むのかなという役どころです。

釘宮理恵さん(片岡優希役):
優希は清澄高校の1年生で、団体戦では先鋒を務めています。闘い方の特徴は、麻雀始まってすぐの東家が一番強くて、徐々に弱くなっていってしまうので、今回どうやって凌ぐのかが楽しみです。あと、タコスが大好きです(笑)。

ダ・ヴィンチニュース

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング