東京都民の新成人が選んだ「都知事になって欲しい有名人」ベスト5

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月13日 20時0分

写真

新成人が選んだ「都知事になって欲しい有名人」1位は、東国原英夫氏。(『総理を夢見る男 東国原英夫と地方の反乱』(共同通信社/梧桐書院)

晴れて成人をむかえられた新成人のみなさん、おめでとうございます。芸能界でも武井咲、能年玲奈、福士蒼汰、AKB48の渡辺麻友、島崎遥香など、豪華な顔ぶれで今年の新成人として名を連ねています。  
成人になってできることといえば、お酒が飲める、親の同意なしで結婚できる、10年有効のパスポートを申請できるなど色々ありますが、日本の将来を左右する「選挙権」を得ることも大事ですよね。東京都は、猪瀬前東京都知事の辞職により、2月9日(日)に都知事選をひかえています。そこで、ダ・ヴィンチ電子ナビでは、東京在住の新成人のみなさんに、「都知事になって欲しい有名人」をアンケート。理由とともにランキング形式で紹介します。(アンケート:fastask調べ)

【1~5位までの画像あり】関連情報を含む記事はこちら


■1位 東国原英夫
 先日、「(都知事選に)出るつもりも、予定も計画もない」と本人は否定したものの、新成人からはダントツ1位の支持を得た。理由は、「東京を明るく盛り上げてくれそうだから」「実績があるから」「どんな相手でも挑戦する」「問題点を分析し、より確実な政策(政治)を行いそうだから。」「意外とまじめだから」「他の政治家では結局なにも変わらないままだと思うから」など、“宮崎ブーム”を巻き起こした宮崎県知事としての活躍は記憶に新しく、攻め姿勢の発言はパフォーマー的で、新成人たちの心にも響いているようだ。 著書に『知事の世界』(幻冬舎)、『決断力。―人間「東国原英夫」から何を学ぶのか』(創英社)のほか多数あるが、20歳の若者たちに向けた『20歳のための20年後会議』(おちまさと共著/日本放送出版協会)は新成人にぴったり。

■2位  「いない」
一方で、「都知事にふさわしい人がいない」「猪瀬氏でよかった」「特にいない」というコメントも目立ちました。それだけ今の日本には、新成人たちに影響を与える人物がいないということなのか、新成人たちがそもそも政治に関心がないのかはわかりませんが…残念な結果に。

■3位 舛添要一
 かつて、安倍、福田、麻生3代の内閣で厚生労働大臣として活躍、「日本一忙しい大臣」とも言われた舛添要一がランクイン。先日、東京都知事選への立候補の意向を示したばかり。理由には「東京が明るくなりそう」「顔が知られている」「実績、コネクションがあるから」といったコメントがあり、かつての実績や、メディア露出も多いためか、その人脈に期待する声が多かった。著書は、『舛添メモ 厚労官僚との闘い752日』(小学館 )『舛添要一・39の毒舌』(おちまさと共著/扶桑社)など多数。2月19日には、『憲法改正のオモテとウラ』(講談社)を刊行予定。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング