大河がまさかのBL展開!? 黒田官兵衛の知られざる男色秘話

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月14日 11時40分

写真

『戦国武将と男色―知られざる「武家衆道」の盛衰史』(乃至政彦/洋泉社)

 今年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』で取り上げられる黒田官兵衛は、“人は殺すよりも使え”という考えの冷徹で優秀な軍師だったそう。そして、岡田准一演じるこの官兵衛は、豊臣秀吉の側近として彼の天下統一に貢献。負け知らずの戦の天才として、秀吉だけでなく織田信長や徳川家康からも一目置かれていた。しかし、敬虔なクリスチャンでもあった彼は、側室も持たず、妻一筋の誠実な男だったと言われている。そんな黒田官兵衛にも、実は男色の逸話があるのだ。その逸話が紹介されているのは、12月7日に発売された『戦国武将と男色―知られざる「武家衆道」の盛衰史』(乃至政彦/洋泉社)。

関連情報を含む記事はこちら

 この本に登場する『陰徳太平記』によると、安芸毛利家の重臣である吉川家当主元長が亡くなったとき、誰が跡を継ぐのかの話し合いが行われたそう。元長には息子がいなかったが、2人の弟がいた。そのなかで、下の弟である経言を推すために家中の者が相談した相手が黒田官兵衛なのだ。「容貌美麗」な経言と黒田官兵衛は、「水魚雲龍の約」を結んでおり「裁袖余桃」の関係にあったそう。この「水魚雲龍の約」とは「水と魚」「雲と龍」のように切っても切れない関係を表しており、「裁袖」は「起きなければいけない用事ができたが、腕枕をしている男の愛人が起きるとかわいそうなので、袖を断ってそこを離れた」という中国の故事に由来する。同じく、「余桃」も「桃園で男の愛人が同じ桃を主君とともにかじりあった」という故事に由来している。この『陰徳太平記』は、作者である香川宣阿が元になった『陰徳記』を「自分の主観をもって書き換えた軍記」と書かれているので、実際に男色関係にあったかどうかは定かではない。しかし、これだけまわりに頼りにされていた官兵衛なら、そんな話のひとつやふたつあってもおかしくはないのかもしれない。

 また、黒田官兵衛には長政という息子が1人いるのだが、彼にも男色の話がある。長政には、「寵童」として愛されたハツこと黒田美作という家士がいた。美作は官兵衛の養子となり、長政の弟分としてかわいがられていたのだが、これだけでは男色関係だったかどうかはわからない。しかし、贔屓されていたことは間違いないようで、それを快く思わない家臣もいたようだ。また、城井一族との退却戦で長政の鮮やかな猩々緋の陣羽織を代わりに羽織り、自ら「黒田吉兵衛長政なり」と名乗りながら敵兵に斬り込んで討ち死にした大野小弁という少年もいたらしい。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング