ふたたび注目を浴びる梅津泰臣監督。そのアクションとエロスの源流とは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月20日 18時0分

写真

アクションシーンがカッコいい! 梅津監督の最新作『ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル』

 最近アニメで梅津泰臣監督の名前をよく見かけるようになった。昨年12月期にノイタミナ枠で放送されたTVアニメ『ガリレイドンナ』や、現在放送中の『ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル』は彼の作品である。往年のアニメファンには知らぬ者がいない梅津監督。このタイミングで、さまざまな作品を生み出す彼の魅力を振り返ってみよう。

梅津監督作品の画像付き詳しい記事はこちら

 梅津監督は、当初アニメーターとして活躍していた。『SF新世紀レンズマン』などで徐々に頭角を現し、『メガゾーン23/Part2』のキャラクターデザインや、『機動戦士Zガンダム』OP、EDアニメーションでアニメファンにも名の知られる人気アニメーターになったのだ。監督業を行なうようになった今でもTVアニメのOPやEDを担当することの多い梅津監督だが、彼の担当した映像はやはり抜群にカッコいい。『女子高生 GIRL’S HIGH』のED映像や『それでも町は廻っている』、『BLOOD-C』のOP映像は梅津監督が担当したもの。独特でありながら洗練されたキャラクターデザインやスタイリッシュなコンテでまとめられた映像を見れば、梅津監督の名前を知らない人でも「この作品は監督が担当していたのか」と驚かされるだろう。

 アニメーターであった梅津監督は、次第に自身でオリジナルアニメの企画を立ち上げ、監督/脚本などまで担当するようになっていく。そんな中で、監督の名前はさらに有名にする作品が生まれた。それが『A KITE』だ。

 全2巻の18禁アダルトアニメとして制作された『A KITE』は、洋画のような作風や雰囲気とハードなガンアクション、そしてなにより高い映像クオリティで国内はもちろん国外でも高い人気を獲得。特にハリウッドでは多大な支持を得ており、実写映画化も制作された(現在撮影はクランクアップし、公開準備中である)。

 この『A KITE』から梅津監督らしさと呼べる要素が確立されたように筆者は思う。それはすなわち“バイオレンスたっぷりのハードアクション”と“エロス”だ。梅津監督の生み出すアクションシーンはハードで緻密、そして何よりもカッコいい。ガンアクションシーンはもちろん、徒手格闘シーンも圧倒される出来だ。そして、その結果として生まれるエグいバイオレンス描写はひとつの映像美と言っていいだろう。

 もうひとつの要素であるエロス。これも梅津監督の作品には欠かせない。むしろ、隠していても滲み出てしまう。梅津監督の生み出す女性キャラはどれも肉感的で、女性の性的魅力が際立っている。ちょっとした仕草や表情から溢れるエロティックな気配に、男なら誰もがドキリとさせられるだろう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング