「下半身」や「手」のしぐさから、隠していた深層心理がズバリと見える!

ダ・ヴィンチニュース / 2014年1月31日 12時0分

写真

『心理カウンセラーがこっそり教える やってはいけない実は不快なしぐさ』(小高千枝/PHP)

 普段、なにげなくしている自分の「しぐさ」について、それが果たして相手にどのような印象を与えているのか、意識的に考えて行動しているという人はどれくらいいるだろうか。

関連情報を含む記事はこちら

 かの有名なアメリカの心理学者・メラビアンの実験によれば、「好意や反感にまつわる、態度や感情のコミュニケーション」において、「送り手が、どちらとも取れるメッセージを送った」場合、「受け手は、声の調子や身体言語を重視する」ことが指摘されている。最も影響力が大きいのはビジュアル(視覚)で、次は音声(聴覚)。言葉(言語)は影響力がいちばん少ないことが示唆された。

 つまり人は会話をするとき、無意識のうちに言葉以外の非言語情報、つまりあなたのしぐさや表情、声のテンポなどからさまざまなメッセージを受け取り、判断している。実はしぐさは、あなどれないのだ。

 『心理カウンセラーがこっそり教える やってはいけない実は不快なしぐさ』(小高千枝/PHP)は、そのタイトルどおり、情報バラエティ『ナカイの窓』(日本テレビ系列)でココロジストを担当する著者が、人が無意識のうちにしてしまいがちな「不快なしぐさ」について解説。まずは自分自身のしぐさを意識することから、人間関係を変えるヒントをみつけていこうという本である。

 著者によれば、誰かと話をしていて何となく違和感や不快を感じたりするときは、相手の会話の内容が問題なのではなく、視線を合わせなかったり、爪をかむなど、視覚的なしぐさが原因であることが多いという。心理学では、人の感情や本心は、ボディ・ランゲージに現れるとされている。特に心の状態が現れやすい部分は「手」で、たとえば手をテーブルの下に置いているのは、相手に心を見せていない状態を示している。

 また「下半身」にはよりいっそう、無防備な深層心理が現れる。一般的に、足を組むのはリラックスしている状態を表すが、相手が足を何度も組み変えた場合。それは「飽きてしまって、集中できない」証拠だそうだ。つま先を上下するのも同様で、体を動かすことでなんとか話に集中しようと努力しつつも、内心では「ああ、早くこの話が終わらないかな…」と感じているサイン。くれぐれも、大切なシーンでは頭から足の先まで集中して気を配り、自分から不快なしぐさを発信しないように心がけたい。

PART1「やってはいけないしぐさ」、PART2「やってはいけない作法」、PART3「ついやってしまうしぐさ」と、ひたすらNGしぐさについて解説する本書のラストのPART4は、「こんなときは、このしぐさで乗り切ろう」というレスキューページで締めくくられる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング