バレンタインはこれでモテろ!? 鬼気迫るモテ系マンガ登場

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月2日 9時20分

写真

『モテるマンガ』(ゆうき ゆう:著、ソウ:イラスト/少年画報社)

 20~30代男性の約70%が“恋人ナシ”――。この数値は、オープンテーブルが行った2013年のクリスマスに関する意識調査(※)で明らかになったもの。しかし、世はもうすぐバレンタインデー。普段は「彼女とかめんどくさいし……」とドライに構えるメンズも、ふと意中の女の子に「好きです」とチョコを渡されて交際スタート! なんて甘いドラマを夢見たりするのではないだろうか。

関連情報を含む記事はこちら

 単なる夢で終わらせるか、それとも、みごと好きな女子のチョコとハートをゲットできるか。「のぞみ薄だな……」と感じたら、今からできる対策はズバリ、バレンタインまでにデートに誘い、好意をニュアンスで示しておくことだろう。

 そこで、『マンガでわかる心療内科』(ソウ:イラスト)で人気の精神科医・ゆうきゆうが新たに着手したモテ本『モテるマンガ』(少年画報社)から、“初デートの極意”をご紹介しよう!

「まず質問だ! 初デートでお前たちはどこに行く?」

 世界一の“モテまくり男”女多幸(おんなだこう)の質問に、世界一モテない会社に勤めるモテない社員たちは口ぐちに、「高級レストラン」「夜景が見えるバー」「う、海が見えるところにドライブ?」。

「フッ… これが練習でよかったな… 本物のデートなら死んでたところだ!(中略)“ファースト・デート”でそこに行くのはキング・オブ・バカ! 最初のデートに勝負下着で来るのと同じだ!」

 なぜなら、2~3時間かかるデートは「疲れたな… そろそろ帰りたいかも…」と思われる危険が増すから。雰囲気がいい場所に行くより、「長くても1時間」にするのが◎だそう。さらに本書で語られる“ファーストデート”の鉄則は次の3つ。

1.待ち合わせには早く着き、本を読むこと
2.聞き役になりつつ恋愛の質問をすること
3.自分が背筋を伸ばし、にこやかに話すこと

「待ち合わせでスタートを握り! 恋愛トークで空気を握り! 姿勢と顔で心も握る! “相手のことを考えて”なんて言いつつ、ただ合わせるのはやめろ! (中略)女に巻き込まれるな! お前が女を巻き込め!」

 好きな女子のチョコゲットを狙う方は、ぜひこの“極意”をご活用あれ。みなさんのご武運を祈ります!

※「レストラン情報収集におけるネット活用とクリスマス需要に関する調査」/首都圏在住の20~30代独身男女の有職者1791人に対して実施/調査期間:2013年10月1~2日

文=矢口あやは

ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング