仙台出身の現役アイドル「AKB48岩田華怜」が語る東北への想いとは?

ダ・ヴィンチニュース / 2014年2月4日 18時10分

写真

地元仙台や東北に対して、自分は何が出来るか?を日夜考えているというAKB48の岩田華怜

 前回、仙台女子のリアルな姿について語ってくれた、AKB48の岩田華怜ちゃん。引き続き、地元仙台のこと、大好きなアニメのこと、そしてアイドルと復興について話を聞かせてくれた。

関連情報を含む記事はこちら

 アニメ『Wake Up, Girls!(WUG)』は、監督の山本寛氏をはじめスタッフが、東北の復興を願い制作した作品。華怜ちゃんも当時仙台で被災した。
 
 2011年、AKB48の12期研究生としてデビューし、現在はチームAに所属。「明日へ1min『カレンの復興カレンダー』」という冠番組を持ち、復興への思いはひと一倍強いという。

「AKB48のオーディションは、震災前から受けていたんです。でも、研究生の最終セレクションの2日前に被災して……。すぐには上京できないことを事務所に伝えるために、公衆電話に3時間並んで伝えました。こっちがビックリするぐらい、東京の事務所の方が心配してくださって。そのため、結果として審査も延期していただけることになったんです。そのとき、“これは行けってことかな?”と運命に近いものを感じました。それまでは、もしもオーディションに受かったら引っ越しも転校もしなければいけないので、実はちょっと二の足を踏んでいたところもありました。それに加えてこの震災。諦めかけていたところに、強い気持ちを持てました」


■自分だけ地元を離れるか悩んだ日々
 運命というものは誰にもわからない。そのタイミングでデビューしたことについて、心ない言葉を浴びせられたこともあった、という。人前に出るという仕事は、それだけ批判を受ける機会も多い。しかし、華怜ちゃんは弱音を吐かない。

「自分の活動がどれくらい“ふるさと”の役に立っているか、正直わかりません。でも、AKB48では、復興ソングをリリースしています。それから、毎月、被災地を訪問させていただいたり、NHKで番組を持たせていただいたり。自分なりに常に東北のことを考えて活動しています。“何か企画ない?”と聞かれると“じゃあ、東北について……”といつも東北のネタ出しをしています。あと、“AKB48シングル選抜じゃんけん大会”では、一昨年は伊達政宗の格好。昨年は、あまちゃんで東北をアピールしていました。でも、どちらも出オチで負けてますけどね。ふるさとのことを忘れた日はありません。これからも全面的に東北を応援していきたいです」

 力強く語る裏には、ある決意があるという。
「震災で大変なときに、自分だけ地元を離れてしまっていいのだろうかという思いがありました。だから、自分が地元で手助けをできない分、絶対に東京で活躍して恩返しがしたいと思いました。そのために“ただでは戻ってこない”って誓ったんです。アイドル活動は本当に大変です。もしも私に、すぐに戻れる東京に家があって、“いつでも帰っておいで”という甘い家族がいたら、すでにAKB48を辞めていたかもしれません。でも、辛いことがたくさんあってもがんばれるのは、後戻りできない状況があるからなんです」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ダ・ヴィンチニュース

トピックスRSS

ランキング